カッコよすぎて痺れる昭和俳優20選!全盛期の顔画像が美形すぎ(笑)

Miuratomokazu

Pocket

テレビが普及し、トレンディドラマなどが流行った昭和

今でも懐かしい作品が多数あることでしょう。そんな昭和を彩る、かっこよすぎる俳優がたくさんいました。

ここでは、かっこよすぎて痺れる昭和俳優について、紹介していきます。渋くてかっこいい、全盛期の美形すぎる顔に注目です。

 




カッコよすぎて痺れる昭和俳優!20人

 

昭和を代表するかっこよすぎる俳優。たくさんのファンに囲まれ、あこがれていた方も多いかもしれません。

ここからは、かっこよすぎて痺れる昭和俳優について、紹介していきます。

 

 

三浦友和

俳優の三浦友和

出典:スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

現在も俳優として活躍している三浦友和さん。息子さんも芸能界デビューしています。

 

出典: amass

出典: amass

 

三浦さんは、若いころからかっこよく、様々な作品に出演していました。

現在も、若いころがかっこよすぎる、アイドルにもなれそうといわれているのだとか。渋さもありながら、笑顔がさわやかでかっこいいですね。

 

歌手の山口百恵さんと共演してから、「ゴールデンコンビ」と呼ばれていたとのこと。

その後、2人が結婚したことで話題となり、あこがれの夫婦といわれていました。

 

また、三浦さんの若いころの写真が、息子さんに似ているようにも感じます。

年を重ねた現在も、渋くてかっこいいですね。

 

 

田村正和

田村正和

出典: デイリー新潮

 

『古畑任三郎シリーズ』など、話題作に出演してきた田村正和さん。

現在は亡くなってしまっています。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

田村正和

出典: デイリー新潮

 

先述したように、『古畑任三郎シリーズ』の印象が強い田村さんですが、若いころから様々な作品に出演していました。

 

髪型のせいもあるかもしれませんが、アイドルのような、現代風なイケメンにもみえますね。

時代が違っていたら、歌って踊れる俳優として活躍していたかもしれません。

 

年代によって、雰囲気が違うこともありますが、かっこよさには変わりありません。

本人なので面影があるのは当然ですが、当時から最期までかっこよさが貫かれています。

 

 

松平健

私服は黒がお好み

出典:msn.com

 

『マツケンサンバ』で有名な松平健さん。時代劇など、俳優としても活躍しています。

 

画像

出典: Twitter

 

松平さんは、『暴れん坊将軍』をはじめ、様々な作品に出演してきました。

現在も凛々しさ優しさを兼ねた顔をしています。若いころも変わらず、凛々しさと優しさを感じさせる顔をしています。

 

時代劇や『マツケンサンバ』などで披露している、ちょんまげ姿でも、面白くならずに、凛々しい武士や殿様となるのも、松平さんの凛々しい顔立ちのおかげでしょう。

2004年にブームとなった『マツケンサンバ』が、2021年の紅白歌合戦で再注目されています。

 

今後も松平さんの活躍から目が離せませんね。

 

 

児玉清

俳優の児玉清さん

出典:時事ドットコム

 

俳優だけでなく、司会者や作家としても活躍した児玉清さん。

最期まで知的な雰囲気が印象的です。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

俳優の児玉清さん

出典:時事ドットコム

俳優の児玉清さん

出典:時事ドットコム

 

俳優として活躍していた当時は、映画やホームドラマへの出演が多かったとのこと。

 

時代の変化による撮影方法などの変化から、徐々に俳優業をセーブするようになり、『アタック25』などの司会業へと活躍の幅を広げたといわれています。

児玉さんの司会をしている姿は、多くの方の記憶にあるかもしれません。

 

爽やかながらかわいらしい笑顔、たばこの似合う姿が、人気だったのでしょう。

当時の児玉さんは、後任として『アタック25』の司会をしている、谷原章介さんにも雰囲気が似ているといわれています。

 

優しい雰囲気微笑みは、現在でも人気が出そうですね。

 

 

神田正輝

ソース画像を表示

出典:スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

俳優として活躍する神田正輝さん。松田聖子さんとの離婚など、話題の絶えない人でもあります。

 

ソース画像を表示

 

石原裕次郎さんにスカウトされて以降、本格的に俳優業を始めてからは、『太陽にほえろ』などに出演するなど、ブレイクしていきます。

 

現在もかっこいいですが、当時からかなりかっこいいです。

スカウトされるのも納得の見た目でしょう。松田聖子さんとの結婚が報じられたときは、本物の美男美女と話題になったのだとか。

 

甘い雰囲気もあるイケメンで、メロメロになるファンがたくさんいたことでしょう。

現在でも、そのかっこよさは健在です。

 




 

草刈正雄

 

この投稿をInstagramで見る

 

紅蘭(@kurankusakari)がシェアした投稿

 

俳優として様々な作品に出演している草刈正雄さん。

娘さんもダンサー、女優として、芸能界入りしていますね。

 

画像

出典: Twitter

出典:kobebeauty.club

 

草刈さんは、アメリカ軍兵士だった父と日本人の母をもつ、ハーフであるとのこと。

若いころからかなりのイケメンだといわれています。甘さと色気をもった顔立ちで、ディーンフジオカさんに似ているようにも感じますね。

 

『沖田総司』にて、主人公の沖田総司役を演じた際は、そのかっこよさが話題に。

沖田総司は病弱な剣士といわれていますが、草刈さんの演じた沖田総司は、長い髪をなびかせながら風をきる、力強くかっこいい人でした。

 

沖田総司に対する印象が、「イケメン剣士」に変化するほどだったのだとか。

現在では、紳士なおじさまのようなかっこよさで、変わらず活躍しています。

 

少々ギャグ混ざりなCMや、ダンディーな父親役など、年齢を重ねたことで、かっこよさに新しい魅力も加わっているのでしょう。

 

 

高橋英樹

高橋 英樹

出典:GRAPE COMPANY

 

俳優だけでなく、タレントとしても活躍している高橋英樹さん。

アナウンサーの高橋麻朝さんの父親でもあります。

 

写真は所属事務所提供

出典: J-CAST ニュース

高橋英樹

出典:ameblo.jp

 

2枚目の写真について、数年前ではあるものの、高橋さん自身が17歳当時の写真を投稿し、話題となっていました。

かっこよすぎる、イケメン、若いのに風格がある、きれいな女性に負けてない、などの黄色い歓声がよせられていました。

 

もともと目鼻立ちがはっきりした顔なのでしょう、若さの中に色気も感じられます。

3枚目の写真は、高橋さんが29歳の時に演じた織田信長の写真です。凛々しさ風格かっこよが感じられますね。

 

高橋さんは、元女優の小林亜紀子さんと結婚した際、美男美女夫婦といわれていたとのこと。

おしどり夫婦としても有名で、高橋さんのブログにも度々登場し、2人の楽しそうな写真をみることができます。

 

今でも、若々しく活躍しています。

目鼻立ちがはっきりした顔立ちのため、ダンディーなかっこよさ渋さが際立っています。

 

 

石坂浩二

石坂浩二

出典:ogipro.com

 

俳優、司会者、コメンテーターなど、様々な活躍をしている石坂浩二さん。

再婚や降板など、話題も絶えません。

 

 

石坂浩二 若い頃

 

石坂さんの若いころは、さわやかでシュッとした印象がありますね。

現在の石坂さんの雰囲気とは少々異なるものの、さわやかさ甘さを兼ねそろえたかっこいい顔で、かなりモテたことが考えられます。

 

このころから、俳優として活動し、『犬神家の一族』で主人公を演じたことが、ブレイクのきっかけだったとのこと。

その後も様々な作品で活躍していました。

 

また、知性や発言力を発揮し、俳優だけでなくタレントやコメンテーターとして、活躍の幅を広げていきました。

若いころのさわやかで甘いルックスから、現在では知的で渋い印象のある石坂さん。

 

どちらもかっこいいですが、年齢によって魅力が変わることも、長くファンから好かれる要因かもしれませんね。

 

 

高倉健

ソース画像を表示

出典:eiga.com

 

様々なヒット作に出演し、知らない人はいないほどの活躍をした高倉健さん。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

高倉健『日本侠客伝 雷門の決斗』より

 

年齢を重ねてからも、渋くてかっこいい高倉さんは、若いころから渋さが際立っています。

この渋さによって、ぶっきらぼうな役や不良っぽい役も演じることができたのでしょう。

 

不良っぽいイケメンは、ファンの心をつかむため、高倉さんのもつ魅力はファンをつかんで離さなかったと考えられます。

デビュー作でいきなり主役を演じると、その後も俳優として様々な作品で活躍していきます。

 

極道ものの映画で活躍することが多かったころは、高倉さんにやくざのイメージがしみこんでいたのだとか。

そこから、趣向の異なる作品で活躍することで、高倉さんのスターとしての地位が確立したといわれています。

 

かっこよさは変わらず、年齢を重ねるごとに渋さが増していった高倉さんは、これからもスターとして、語り継がれるでしょう。

 

 

三國連太郎

 

俳優として活躍した三國連太郎さん。息子も俳優として活躍しています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

若い頃の三國連太郎

 

若い頃の三國連太郎

 

映画『善魔』でデビュー後、演じることに人生を捧げ、前歯を抜いたり、相手役を本気で殴ったりするなど、数々の伝説を残してきたのだとか。

誰もが知る『釣りバカ日誌』にも出演していました。私生活でも、4度の結婚をするなど、自由な面もみられました。

 

三國さんは、スカウトされ、上京したとのことですが、若いころからハンサムなかっこよさがありますね。

きりっとした目元すっとした鼻が、かっこよさをみせつけています。モテるのも納得できるでしょう。

 

息子の佐藤浩市さんがかっこいいのは、三國さんのかっこよさも影響しているのかもしれませんね。

晩年は、穏やかで寡黙な雰囲気がありましたが、若いころは狂気的な部分もあったといわれています。

 

三國さんの本物へのこだわりは、俳優としての活躍につながった一方で、周りから恐れられていたのかもしれません。

 




 

佐田啓二

佐田啓二(俳優) 俳優・中井貴一の父

 

俳優として活躍した佐田啓二さん。息子の中井貴一さんも俳優として活躍しています。

 

ソース画像を表示

 

佐田さんは、『不死鳥』での大女優の相手役や、『鐘の鳴る丘』で主演をつとめたことで、人気を確立させ、数々の作品で活躍しました。

 

戦後の二枚目俳優といわれているのだとか。たしかにかっこいいです。

ぱっちりとした目元をしていて、きりっとした表情から、やわらかい表情まで、豊かな表情も人気の秘密でしょう。

笑うと中井貴一さんに似ているようにも感じますね。

 

結婚後は子供にも恵まれましたが、交通事故によって若くして亡くなったと報じられていました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

三船敏郎

 

俳優として活躍し、映画監督もつとめた三船敏郎さん。

タレントの三船美佳さんの父親でもあります。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

DR2ovLPUIAA9Vpf

 

『銀嶺の果て』でデビュー後、三船さんは、国内の作品にも海外の作品にも出演し、世界中から高い評価を得ていました。

高い評価と名声から、ハリウッド殿堂入りも果たしているとのこと。

 

三船さんは、若いころから渋さが際立っています。

きりっとした大きな目と、整った髭ワイルドさを醸し出しているのでしょう。

 

さわやかさもありますが、年齢を重ねるごとに、渋さが増していますね。

晩年になると、渋さが全開になりつつ、かっこよさも維持されています。

 

 

加藤剛

ソース画像を表示

出典:mainichi.jp

 

代表作である『大岡越前』など、様々な活躍をした加藤剛さん。

晩年まで活躍されていました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

加藤剛の若い頃

 

テレビドラマ『人間の条件』で主役をつとめ、人気俳優となります。

その後は、大河ドラマの主役もつとめるなど、様々な作品で活躍しました。

 

ドラマと所縁のある場所へ足を運ぶなど、真摯な役作りも評価されています。

加藤さんの若いころは、ダンディーな二枚目といわれています。顔のパーツもさっぱりしていて、現代でいうところの、塩顔風イケメンでしょうか。

 

現代でもモテるかっこよさですね。誠実そうな雰囲気が、他の人とはまた違う雰囲気にも感じます。

 

 

倉田てつを

倉田てつをに批判殺到…仮面ライダー利用の裏でまさかの放言

出典:女性自身

 

俳優として活躍した倉田てつをさん。自身の行動に、批判が相次ぐ事態となっているのだとか。

 

Dmw27-PV4AAlUo3

 

倉田さんは、『仮面ライダーBLACK』でデビュー後、人気を集めていました。

その後、朝ドラでの主人公に抜擢されるなど、様々な作品に出演。

 

現在では、特撮は登竜門ともいわれていますが、当時は、特撮俳優と一般の俳優は区別されていました。

倉田さんの活躍は、その区別をも乗り越えるものだったとのこと。

 

特撮俳優として活躍するだけあって、かっこいいです。

はっきりした顔立ちながら、若々しささわやかさを醸しているでしょう。特撮から飛び越える活躍をするのも納得ですね。

 

たくさんいた女性ファンへの配慮もあって、結婚の詳細は伏せていたのだとか。モテるのも大変ですね。

 

現在は、ステーキ店のオーナーでもあります。プライベート用で制作されたはずの仮面ライダーBLACKのフィギュアを、商用利用したことで、違法行為ではないかといわれています。

また、配信時の発言にも批判が殺到しているのだとか。かっこよくても、行動には十分に注意しないといけませんね。

 

 

藤竜也

出典:スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

現在も俳優として活躍をしている藤竜也さん。哀愁を帯びた父親役など、幅広い役柄を演じています。

 

画像

出典: Twitter

 

藤さんは、スカウトをきっかけに、映画『望郷の海』でデビューしました。

その後は、代表作である『愛のコリーダ』や、『野良猫ロック』など、様々な作品で活躍してきました。

 

大胆な演技にも果敢に挑戦し、賛否両論あるなかでも、演技力かっこよさから、徐々に人気をつかんでいったのだとか。若々しささわやかさがありながら、渋さもあってかっこいいです。

表情の変化も、演技力につながるでしょうし、かっこよさから人気にもつながるかもしれませんね。

 

若いころはやくざの役やアクションでの活躍が顕著でしたが、年齢を重ねるごとに父親役も演じるようになりました。

年々、藤さんの渋さが増し、魅力的ですね。現在でも、スタイルの良さと日焼けした肌で、年齢を感じさせない藤さん。かっこよさに、変わりはないでしょう。

 




 

田宮二郎

20150806u

 

俳優として活躍した田宮二郎さん。衝撃的な最期を迎えたといわれています。

 

ソース画像を表示

 

田宮二郎の若い頃

 

映画『九時間の恐怖』でデビュー後、しばらく脇役が続いたのだとか。

脇役でも手を抜かず、自分の名前を売り込み続けた田宮さんは、『私の選んだ人』で主役をつかみます。

 

ここから、田宮さんは注目され、活躍をしていったとのこと。

『悪名』に出演した際は、スター級の演技力で、スターへの道を駆け上がることになります。

 

凛々しさ若々しさのある、かっこよさがあります。

八重歯があるのでしょうか、かわいらしい笑顔もまた良いですね。誇れるかっこよさがあるのに、地道な努力を怠らない姿勢は尊敬できるでしょう。

 

田宮さんは、代表作である『白い巨塔』の撮影が終了した直後に亡くなったといわれています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

菅原文太

没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」

出典:デイリー新潮

 

モデルから、俳優として活躍した菅原文太さん。ご冥福をお祈り申し上げます。

 

菅原文太 妻 息子 家族

 

煙草を持った菅原文太

 

モデルから俳優へと転身した菅原さんは、様々な作品に出演するものの、あまり真摯には活動していなかったのだとか。

菅原さんのもつ個性が、あまり良くは思われていなかったともいわれています。

 

個性を活かす監督との出会いによって、活躍することとなります。

『死闘の伝説』で注目を集めると、『仁義なき戦い』や、『トラック野郎』などのヒット作に出演し、一躍人気をつかみます。

 

菅原さんの若いころは、坊主のような短髪で、きらきらした目元が印象的ですね。

かわいらしさも感じられますが、やんちゃな雰囲気や、凛々しさもあり、たくさんの女性の心を掴んできたことがわかります。

 

くしゃっと笑う姿も、かっこよさとのギャップがあって、モテますね。

晩年も、渋さの増したかっこよさがありました。

 

 

天本英世

天本英世

 

個性的な役を見事に演じ、様々な作品で活躍した天本英世さん。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

天本英世の若い頃

 

天本英世の若い頃(街中)

 

映画『女の園』でデビュー後、二枚目俳優として活躍していきましたが、だんだんと、インテリな殺人鬼やマッドサイエンティストなどの悪役を多く演じていきます。見る人に深い印象を与え、悪役として不動の人気を得たとのこと。

 

強い精神力とぶれない姿勢で、個性的で強烈な役を演じ抜いた天本さん。

若いころはかなりハンサムなようです。スタイルもよく、モデルとしても活躍できそうですね。知的な雰囲気があり、かっこよさを引き立てています。

 

かっこよさから、二枚目俳優と呼ばれるのに納得できますが、ここから個性的な悪役としての道を歩んだ天本さんの精神の強さもかっこいいですね。

 

 

中条きよし

 

俳優だけでなく、歌手としても活躍する中条きよしさん。

ブログに登場する猫もとてもかわいいです。

 

Nakajyoukiyosi

出典:ameblo.jp

Nakajyoukiyosi

出典:ameblo.jp

 

これまで3回にわたり芸名を変更してきた中条さん。歌手としては、中条きよしとしてのデビュー作である『うそ』が大ヒットし、人気歌手となっていきます。

その後、俳優としても活躍し、代表作である『必殺仕事人』をはじめ、様々な作品に出演しています。

 

現在は、ダンディー渋くて、かっこいい中条さんですが、若いころもかっこいいですね。

白塗りをしてもきりっとしていて、かっこよさがあふれ出しています。

 

コアラと一緒に写っている写真では、かわいらしい笑顔を見せていて、かっこよさとのギャップもあるでしょう。TOKIOの国分太一さんにも似ているようにも感じます。

年齢を重ねてもかっこよく、歌手と俳優、二足のわらじで活躍している中条さんの今後にも注目ですね。

 

 

谷隼人

 

子役からテレビに出演していた谷隼人さん。

様々な映画やドラマ、バラエティ番組でも活躍しています。

 

 

ソース画像を表示

 

谷さんは、『少年ケニア』でデビューしました。

代表作である『網走番外地』シリーズや『不良番長』シリーズ、『夜の歌謡』シリーズをはじめ、『キイハンター』などのテレビドラマや、『痛快なりゆき番組風雲!たけし城』といったバラエティ番組に出演。

お茶の間での反響から、一躍人気者となったのだとか。

 

堀の深い顔立ちをしていて、現在でもかっこいいですが、若いころは、きりっとしていてさらにかっこいいですね。

ハーフなのかなと思いましたが、谷さんはハーフではないといわれています。生まれもった堀の深さなのでしょう。

 

このかっこよさでアクションもこなしていたら、かなりモテたと考えられます。

女優の松岡きっこさんと結婚し、現在では、夫婦でテレビ番組に出演することもあります。

 

 

昭和俳優まとめ

アイドルのポスターのイラスト(男性)

出典:いらすとや

 

ここまで、かっこよくて痺れる昭和俳優について、紹介してきました。かっこいい昭和俳優がこんなにもたくさんいるなんて衝撃でした。

若いころもかっこよくて、現在でもかっこいい人ばかりでしたね。また、年齢を重ねることで、渋さダンディーさが増して、さらに魅力が増しているという発見もあったでしょう。

 

現在でもかっこいい昭和俳優の、全盛期の美形に酔いしれることができたでしょうか。現在に降り立っても、そのかっこよさで再び人気を集められると考えられます。現在でも通用するかっこよさですね。

かっこいい昭和俳優の全盛期について触れましたが、現在活躍している俳優の将来の姿も楽しみです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)