キャラやイメージがブレない女性・男性芸能人38選!維持し続けるプロ魂に感嘆

Pocket

ブレない人」ってなんか、軸がしっかりしててかっこいいイメージがありますよね。

では芸能人の場合はどうでしょうか?

 

世の中のトレンドが目まぐるしく変わる中、流行に乗って大ブレークする芸能人もいれば、大御所でも時流を読み違えると人気がガタ落ちなんてこともあり得ます。

世の中の流行はどんどん変わるので、どんなキャラでも「ブレない」ということは、ある意味リスクを伴うことなのかもしれません。

 

芸能界は人気があってなんぼの世界です。

流行の波に影響を受けることなく、独自のキャラで人気を維持し続けるのは至難の業!きっと何か秘訣があるに違いありません!

 

そこで今回は、キャラやイメージがブレない芸能人38人を紹介し、なぜ維持し続けることができるのか、そのプロ魂をご紹介します。

最後までお付き合いくださいね!

 




キャラやイメージがブレない女性芸能人!15人

 

女性芸能人であり続けることは不断の努力が必要です。しかもブレずに続けるなんて至難の業

一体どういう方々でしょう。早速紹介していきます。

 

 

天海祐希

画像出典元:クランクイン

 

ブレない女性芸能人ナンバーワンといえば、断然天海祐希さんですよね。

彼女は、いつもとしていてクールでしかも超がつくハンサム~?!

 

宝塚の元男役トップスターでしたが、彼女の男役としての演技には全く作り込んだところがなく、自然体でいながら男の色気が漂いオーラが感じられます。

宝塚の男役スターが退団したら、男っ気が抜けるのに10年はかかると言われていますが、天海さんの場合、退団後女性としての役に全く違和感はありませんでした。

もっとも、役柄が弁護士・エリート警部などカッコイイ役が多く、まさにハンサムウーマンそのものだったので違和感がなかったのかもしれませんが・・・

 

しかし彼女はそんな役ばかりでなく、結構幅が広いんです。

「老後の資金がありません!」では主婦役をコミカルに演じ、大ヒット!!

 

画像出典元:東映

 

どれも役になりきり、弁護士「間宮貴子」が、キントリの「真壁有希子」が、主婦「後藤篤子」が本当に存在するのではと思わせるほどごく自然な役作りです。

所詮お芝居は架空の世界、いわば嘘の世界です。

 

しかし、天海さんが演じると、それはもう嘘ではなく本当にそういう世界があると感じてしまう。

嘘偽りの世界を、全身全霊で演じ切って真実にしてしまうこの役者魂!!

 

どのお仕事をするときも、皆さんに『自信を持ってお勧めできます』と思えるレベルまで到達しなければと思っています。

引用元:JIJI.COM

 

天海さんは、この世で大切なものをひとつあげるとしたらの質問に、家族も大事だけどやはり仕事であり、そこは絶対ブレないと即答しています。

全身全霊で仕事に向かうこの役者魂が、天海さんのブレない理由ではないでしょうか。

彼女は決してブレたりなんぞしないのであります!!

 

 

叶姉妹

 

この投稿をInstagramで見る

 

叶姉妹 kanosisters(@kano_sisters007)がシェアした投稿

 

叶姉妹と言えば、ゴージャス!ゴージャスと言えば叶姉妹となるほど、ゴージャスのイメージにピッタリのお二人です。

そのボディーは衰えるどころか、ますます磨きがかかりもはやこの世のものとは思えません!

 

そしてそのゴージャスぶりも留まるところを知りません!!

 

今までで一番大きな贈り物はの質問に対して、島を一つもらったことがあると答えたり、アメリカの石油王とのお見合を受けたことに対する「御礼」として10億円を要求するあたり、ゴージャスぶりは一般人の想像を遥かに超えてしまうほど。

人気が出始めの頃は、いずれはどこかの大富豪と結婚して幸せを掴むのだろう程度にしか見ていなかったのですが、相変わらず、姉妹のテーマはセルフラブ、つまりすべてにおいて自分が軸という姿勢は全く変わっていませんね。

 

わたくしは自分を愛し、作品として自分自身を楽しんでいる。『趣味は?』と聞かれたときにはいつも、“わたくし自身です”とお答えしております。

引用元:YAHOO!ニュース

 

単にゴージャスなだけでなく、姉妹には一貫したポリシーがあります。

人様に迷惑をかけないように心がけ、自分にも人様にも誠実に生きる」です。

 

このポリシーがあるから、常にブレることなくゴージャスに輝き続けることができるのでしょうね。

ゴージャスでいるためには常にお金が必要です。

 

デビューしたての頃はその資金源について良からぬ噂をする人がいましたが、与えられるだけでなく自らの才覚で増やしていったことが語られています。

株・不動産などの投資の勘が鋭く、お金をつくりだす才能はまるで錬金術師のよう!

 

時流を読む眼を持ち、自分達をどう売れば(?)いいかを心得ています。

2021年に、Spotifyで人々の悩みに向き合うトーク番組「FABULOUS WORLD」を始めています。

 

心身ともに自分を慈しむ彼女達の生き方は、コロナ禍で疲弊している人々の心に安らぎを届けることでしょう!

 

 

井森美幸

画像出典元:zakzak

 

井森美幸さんもキャラがブレない芸能人としてよく名前があがりますね。

50歳をもう過ぎているのにデビュー当時の見た目や雰囲気も変わらぬまま、まるでタイムスリップした感があります。

 

彼女は第9回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリを受賞しアイドルデビューをし、その時のキャッチフレーズは「井森美幸16歳、まだ誰のものでもありません」でした。なんと純真

群馬出身の素朴さとかわいいルックスでデビューしましたが、その後は何故か失速・・・

野球で言うなら、ドラフト1位で入ったものの翌年即2軍落ち状態になってしまいました。

 

その後も泣かず飛ばず状態が続きましたが、バラエティ番組に出演するようになり、アイドル路線からバラドルへと変わりました。

しかし、彼女は本当にキャラも見た目も全く変わりません!!

 

女性タレントの場合、年をとってもいつまでも変わらないでいると、「ちょっとイタイ」とか「かわいそうな女」と言われることが多い中、不思議と彼女を悪く言う人はいません。

毒舌家と言われるマツコ・デラックスや有吉弘行さんだって、一目置いてる感じ。

 

有吉さんのTwitterにも時々登場しますが、あの有吉さんが何故か手ぬるい!

 

 

いつまでも変わらずキレイなだけでなく、フレッシュさを失わないのが不思議です。まるで採りたてのブロッコリー(?!)のように新鮮です!(例えが悪くてゴメンナサイ!)

おそらく森さんの人柄によるものでしょうか。

 

売れる、売れないに関わらず、当たり前のことを大切に、手を抜かず、サボらず、諦めず、地に足をしっかりつけて歩んでるところがいいのでしょう。

いじられても天然キャラで明るい笑顔で返します。

 

未だに誰のものでもありません

 

井森さん、どうかいつまでも今のまま、変わらないでいてくださーい!!

 




 

松田聖子

画像出典元:スポーツ報知

 

松田聖子さんのキャラもブレませんねー。

彼女の歌声を聞いていると、不思議と思い出してしまします。Sweet memories・・・

誰もが女の子、男の子に戻ってしまいます。

 

彼女の場合、整形した??と言われるほど、劇的に美しくなっていき、美魔女と言われるほど顔は変わってきましたが、彼女の声はそのままで、歌の世界観も全く変わりません。

恋に恋するティーンエイジャーのままです。

まさに歌声の魔力です。

 

お嬢さんである神田沙也加さんが突然亡くなられたのはショッキングな出来事でした。

沙也加さんのご冥福をお祈りするとともに、松田聖子さんの夢の世界がいつまでも続くよう、お祈りしたいと思います。

 

 

黒柳徹子

画像出典元:婦人画報

 

黒柳徹子さんのキャラも全くブレませんねー。ブレない歴最長の芸能人と思われる・・・

冠番組の「徹子の部屋」は1976年スタートで、同一司会者による番組の放送回数の最多ギネス世界記録を持っており、トレードマークのタマネギヘアはさらに長い歴史があり50年は超えているとか。

 

世界的に有名なヘアメークアーティスト須賀勇介氏とともに、和服・洋服両方に合うようデザインされました。

心の清らかな子には、このタマネギヘアからご褒美の飴ちゃんが出てくるのだとか!!

お決まりのヘアスタイルにとてつもなく早口のおしゃべりが特徴で、強烈なキャラは変わりませんが、その活動は多岐にわたり元祖マルチタレントとでも言いましょうか。

 

戦後最大のベストセラーの自叙伝的物語「窓ぎわのトットちゃん」の著者であり、日本パンダ保護協会名誉会長やユニセフ親善大使を長年務めています。

徹子さんは自身が「発達障害」だったと公表していますが、「窓ぎわのトットちゃん」を読むと、どんな子だったのかよくわかります。

とにかく、自分が気になったこと、興味を覚えたことに夢中になってしまうのです。

 

たとえば、授業中に大好きなチンドン屋さんを見つけて呼び込んでしまうとか、フタつきの机がおもしろくて授業中に開け閉めを執拗に繰り返すなど・・・

周りの迷惑になるとの理由で小学一年生で退学になっちゃって、親なら頭を抱えちゃいますよ、ホントに。

 

しかし、トモエ学園という個性を育む学校に転校したことで徹子さんは天真爛漫さをなくすことなく成長することが出来ました。

 

そして今でも徹子さんは永遠の少女、ずーとトットちゃんのままです。

黒柳徹子さんのキャラがぶれないのは、彼女がトットちゃんのままだからでしょうね。

 

徹子さんが天真爛漫さを失うことなくトットちゃんのままでいられるのは飽くなき好奇心の賜物!

お友達も若い人が多くいろんなことを教わり、興味津々でチャレンジしています。

 

SNSだってお手の物!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

 

いろんなことにチャレンジしながらも、いつも心掛けていることがあるそうです。

それは「見た目も心もいつもきれいに!」です。

 

いつまでもブレずに元気で長生きしてくださ~い!!

 

 

鈴木奈々

画像出典元:サンスポ

 

ファッション雑誌「Popteen」モデルの益若つばささんの追っかけをしていてスカウトされた鈴木奈々さん。

読者モデルからあっという間に人気モデルとなり、そのままギャルタレントとして芸能界入り!

「踊る!さんま御殿!!」で底抜けに明るいおバカぶりが炸裂して、一躍人気となりましたね。

 

おバカタレント全盛期で、売れっ子の筆頭となりますが、始球式や東京ガールズコレクションのステージで場の空気を読むことが出来ず、ひんしゅくを買うこともしばしば。

それほど、おバカというか、裏表がないというか、天真爛漫とでもいいましょうか。

 

そう、彼女はいつでも裏表なく、そういう意味で全くブレないのです。

おバカキャラのトークがうけなくなると、今度は体を張って芸人顔負けのリアクション!

おバカタレントの冬の時代が来てだんだん売れなくなると、バラエティ番組で売れなくなったと涙ながらに訴え、共演者がもらい泣きする始末。

 

タレントとしても私生活も裏表なく、同級生の一般男性と結婚し、いまだに茨城から通って仕事をこなす日々・・・

メンタルが弱ってあっさり休業するあたりも、彼女らしく包み隠さず、取り繕った感がありませんでした。

 

少し休養して元気がでたのでしょうか、また戻ってきてくれましたよ。

 

「私にできることって本当に少ないんですけど、できることはいつも全力でやりたいなって思ってます。『こんなことしてみたらいいんじゃない?』っていうときは教えてほしいですね。覚悟だけはできてるんで」

引用元:文春オンライン

 

さすがにおバカキャラではもうダメなのがわかったのか、少し路線がかわりつつあるようです。

 

出典:www.instagram.com

 

いつまでも、裏表なく、包み隠さず(?)ブレないでいてね!

 




 

ももち

 

独特の髪型で決め台詞「かわいすぎて、許してにゃん♪」のももちこと嗣永桃子さん。

かわいいんだか、うざいんだかビミョーな感じでしたが、彼女のブレないぶりっ子ぶりは半端なかったですよね。

 

そう言えば以前、売れないアイドルたちが出演している番組で、加藤浩次さんから飛び蹴りや暴言を吐かれたことがありましたよねぇ。

流れ的に女芸人的扱いになるところ、ももちさんは決してアイドルという姿勢は崩さなかった・・・

 

そう、ももちさんの中には、絶対的なアイドルの理想像というのがあって、彼女はいつでもどこでもそれを死守していたんじゃないでしょうか。

「歌も踊りも容姿も人気も完璧なアイドルとはこういうもの!」っていう信念の表れがあの「ももち結び」だったのかも。

 

ももちさんは、「Berryz工房」として13年間活動し、グループの活動休止後もブレない「ぶりっ子キャラ」を貫き通しました。

 

その後は「カントリー・ガールズ」のプレイングマネージャーとして活動。

メンバーが他のグループに移籍するなど、思いっきり大人事情で翻弄されながらも腐ることなくアイドルを続けるのは相当きつかったと思います。そして、とうとう芸能界を引退・・・

 

そして、今となっては伝説の野外ラストライブ「ありがとう おとももち」は8000人のファンを沸かせました。

 

画像出典元:デイリー

 

ライブのラストで、彼女はリボンを結んだ右手小指を高く突き立て、その小指を折りたたんで舞台下へと消えていきました。

右手小指はファンからの愛を受け取る「アンテナ」であり、そのアンテナをしまうことで15年間のアイドル活動を終えることを表現しようとしたとのこと。

 

ファンの間では、そのシーンが映画「ターミネーター2」のラストで、アーノルド・シュワルツェネッガーの扮するターミネーターが小指を立てながら溶鉱炉へと沈んでいくシーンに酷似していると話題になりました。

ももちさんは、芸能活動しながら大学に進学そして卒業し、幼稚園と小学校の教員免許を持っているとのこと。

 

もともと賢く、地に足がついた性格の人かもしれません。

理想と現実がよくわかっていたのでしょうね。

 

誰に何と言われようと、鋼の鎧を身に着け、自分の理想のアイドル像を貫き通し、戦い散っていきました

彼女にしたら、想定の範囲内のこと。まさにお見事!

 

 

道重さゆみ

 

わずか14歳でモー娘のメンバーとなり長年活躍していた道重さゆみさん。

彼女のキャラは強烈で、「私は可愛い」と言ってはばからないナルシストぶりや毒舌が常に話題の的でした。

本当にかわいいから文句のつけようもなかったんですけどね~

 

25歳でモー娘を卒業し芸能活動を一時中止していましたが、2017年に「再生」、芸能活動を再開しました。

その後はコンサートなど歌手として活動。30歳を過ぎてもインタビューでこう応えています。

 

10代はかわいい。20代は超かわいい。30代は超超かわいい。劣化という言葉は私にはないんです。常にピークです。だから、今までできょうが1番かわいいんですよ。

引用元:ORICON NEWS

 

相変わらず、ブレずに「私は可愛い」キャラを押し通しています。

しかし「今日の私は可愛い!」というのは、彼女がモー娘デビューした時からのおまじないで、先輩たちが面白がるから、外でも言うようになったんだとか。

 

小学校のころの遊び相手がダンゴムシだったというほど素は根暗だったので、ネガティブな自分を鼓舞するためのおまじないだったのでしょう。

顔が腫れてしまって可愛く見えない日でも、後ろ姿でもいい、どこか可愛いところをひとつ見つけて「私は可愛い」のおまじないを言っていたそうです。

 

そういうポジティブなマインドが効いたのでしょうか、ドンドン可愛くキレイになっていきました。

最近では、年齢を重ねても変わらない美しさが注目されています。

 

画像出典元:Oggi.jp

 

今後のおまじないはこうですかね!

今日の私もキレイ!」

 

 

益若つばさ

 

ファッション雑誌「Popteen」の読者モデルから瞬く間にカリスマモデルになった益若つばささん。

 

画像出典元:週刊女性PRIME

 

彼女の着ていた服やアクセサリーはバカ売れし、「100億円ギャル」とも言われました。

彼女のセンスや美意識は確かで、ついにはカラコン、つけまつげなど美容やアパレル関連の商品を次々プロデュースし、ギャルファッション界を引っ張っていきました。

 

結婚がきっかけとなって、ポップティーンのモデルを卒業しましたが、今度はポップティーンの姉妹誌「PopSister」の専属モデルとなり、さらにママになると「MaMa Cawa」のママモデルとなるなど、常にカリスマ的存在です。

ギャルから、きれいめお姉さんへ、そしてママへと変わっていっても彼女のカリスマ性ブレなし!!

 

常に流行に敏感で吸収するのがうまく、自分のものに消化し、さらに進化させていきます。

 

自分をプロデュースするのがうまく、年齢を重ねても自分がどうやったら一番キレイに見えるのか、よーくわかってるんでしょうね。

残念ながら離婚となりましたが、それさえも生き方として潔いと言うか、シングルマザーとしてもカリスマ性は健在

 

最近では、色んな面を出せるアーティストを目指してるんだとか。

 

 

デビューしたての頃とは全く違いますが、「今度流行るのはこんな感じ~」って言ってるみたいデス!

 




 

岡本夏生

 

レースクイーンからセクシー系タレントへ、そしておバカタレントに転向しとうとうハチャメチャになっちゃった岡本夏生さん。

 


画像出典元:日刊スポーツ

 

スタイルもルックスも抜群!ハイレグ女王とも呼ばれ、黙っていれば最高なクイーンなのに・・・

何をしでかすか予想不可能で見ている方はハラハラドキドキ

せっかく映画主演となるも途中降板し、活動中止するなど「お騒がせ女王」のキャラが定着してしまいました。

 

その後もそのキャラはブレず、坊主頭にしたり、奇行が目立ち、ブログも退学処分(?)となったほど。

彼女のキャラを一言でいうなら「破天荒

番組でも言いたい放題、暴言もしばしば。視聴者には結構人気があったものの業界ではかなりの騒動となったようです。

 

2016年には、テレビ番組「5時に夢中」を突然卒業となり、テレビの世界から消えてしまいました。

その後のイベントで出演者とガチのバトルとなり、業界から完全に干されてしまったらしい・・・

 

彼女の破天荒なキャラは作られたものではなく、「気が付いたら何でこんなことになっちゃんたんだろ?人生後悔ばっかり!」と自虐ネタとして笑い飛ばしていましたが、今となっては何とも痛ましい結果になっちゃった・・・

 

唯一無二の存在だから、ほんと面白かったんですけどね

 

その後は2017年に、ニューヨークでの優雅な生活ぶりをインスタにあげています。

 

 

もともとどこの事務所にも属さず、すべて自力で芸能活動をしていた彼女。

50億は稼いでいたと豪語していましたが、あながち嘘ではなく、不動産も3か所保有しているので、食うには困らないと思われます。

 

2019年にはブログで、被災地支援の義援金のお礼報告をしていますが、その姿は確認できていません。

またいつか、ゾンビのように(ゴメンナサイ!)復活するかも!!

怖いもの見たさで期待しておきます。

 

 

安達祐実

 

2歳からモデルデビューし、その後もずっと芸能界で活躍し続ける安達祐実さん。

 

画像出典元:ORICON NEWS

 

ドラマ「家なき子」で「同情するなら金をくれ!」の名台詞で一気にブレイク

このドラマの最高視聴率は37.2%をたたき出し、人気もうなぎ登り。数億を稼げる子役となりました。

 

子役時代に可愛くても、年齢とともに顔のバランスが変わりイメージが違ってしまうことが多いなか、彼女はずーと美形のまま、息をのむほどの美人に成長しました。

彼女は一貫してブレず美人役を演じています。

 

しかし、ただの美人ではなく「超美人なのに〇〇」と必ず後に言葉が続く、いわゆる訳アリの美人とでも言いましょうか。

美人なのに訳アリの設定がそれぞれ違っていて、ギャップ萌えしちゃいます

 

家なき子の時は、超かわいいのに家庭環境が悪く不幸せ・・・顔は美人なのに、おしゃれに関心のないくそ真面目な事務員役。

夫婦不仲で育児ノイローゼでヒステリーを起こす美人ママ役。

などなど、とびぬけて美人なのに実は意外な素顔の持ち主だったというギャップがいいですねぇ~

 

単に美人なだけでなく、訳ありの役をこなすところはさすがですね。

なんと39歳で6歳の少女役もこなしています。ス、スゴイ!!

 

アラフォーの彼女は、私生活でも「美人なのに意外と自然体で感じがいい」と評判です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

安達祐実(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

 

意外性のある美人は、見ていて飽きません。

次はどんな訳アリ美人を演じてくれるのか楽しみデース!!

 

 

高嶋ちさ子

 

毒舌美人ヴァイオリニストと言えばこの人、高嶋ちさ子さんですよね。

 

画像出典元:高嶋ちさ子official Twitter

 

何という美しさでしょう・・・

黙っていたらただただ見入るほどの美人です・・・

 

ですが、いったん何かが彼女の逆鱗に触れると、そりゃあもうマシンガンのように毒舌の攻撃が始まります。

彼女の中には物事こうあるべし!という確固とした信念があり、それから少しでも外れると正義の剣のごとく制裁が下るのです。

 

彼女がプロデュースする音楽ユニットがありますが、そのリハーサル風景をテレビ番組で紹介した際も、メンバーに対し「ボケ!」など暴言を吐いたり、パワハラまがいの説教をしたりと包み隠さず見せています。

当然それを見た視聴者の反応として、ネットは炎上

 

子育てコラムでも、約束の時間を超えてゲームを続けた子どもに対し、怒ってゲーム機を真っ二つに壊したと(これがかの有名なゲーム機バキバキ事件)新聞で公表したため、ネット上で批判の的となり、大炎上!!

炎上キャラとまで言われるようになってしまいました。

しかし、なんでこうも好戦的なんでしょうねぇ?

 

実は彼女は3人兄弟姉妹で、一番上のお姉さんはダウン症です。

お母さんからは、お姉さんを守るためにあなた達を産んだのだと子供の時から言われて育ったそうです。

小さい時から、お姉さんがいじめられると仕返しに相手に殴り込みをかけていたと言います。

 

差別や理不尽に対して子どもながらにも戦う日々だったのでしょう、常に戦闘モードだったため、ついたあだなが何と「悪魔

物事が、自分が正しいと思う範疇から外れてしまうと、即、臨戦態勢のボタンが押されてしまうのでしょう。

ボタンが押されるや否や、攻撃として毒舌弾が発射されるという仕組みになっているのかも。

 

しかし、たとえどんなに毒舌でも、不思議とみんなに好かれているようです

どんなに怖くっても、根はいい人だって、みんなわかってるからでしょうね。

時には以外にも、弱気になったりもするようです。

 

 

ただし、しおらしいことを言ったとしても騙されてはいけません!

彼女の毒舌キャラは、生まれたときからそうなるようインプットされているため、ブレたりはしないのでしょうね、内蔵されたコンピューターが壊れない限りは・・・

 




 

渡辺直美

 

お笑い芸人でインスタ女王の渡辺直美さん、ニューヨークに生活の拠点を移してもキャラは全開のようですね!

 

 

っていうか、キャラに磨きをかけてパフォーマンスも単なるモノマネの域を超えちゃいましたね。

ダンスもビヨンセやレディー・ガガに引けを取らない完成度!完璧な振り付けを披露しています。

キレッキレの動きに加え、ノリノリのリズム感やポージング、間の置き方などはまさにプロダンサーの貫禄を感じるほどで、自信に満ち溢れています。

 

彼女のファッションもメイクも、自分の魅力を最大限に活かしたもので、「VOGUE」や「Gap」でも扱われるほど。

全てにおいて全くブレずに世界にただ一つの存在であり続けています。

 

普通、太っていることは見た目にもマイナスでネガティブなイメージがありますが、彼女は自分の特徴を心の底から愛し、上手にセルフプロデュースして、最強のポジティブキャラを作り上げました。

英語が全く話せないのにニューヨークに移住し、どうするんだろう?って心配してましたが、彼女は言葉は通じなくても体と感性でどんな人も笑わせてしまいます。

 

インスタで「生き様は芸人でありたい」と言っていましたが、彼女はとにかく見ていて楽しい!次に何が出てくるかわからないほどワクワクしちゃいます。

どんな状況もすべて楽しくお笑いに変えて行くスーパーポジティブなキャラに脱帽デス

 

 

鳥居みゆき

 

不思議ちゃん」キャラといえばダントツで女芸人の鳥居みゆきさんでしょうか。

 

画像出典元:VICTOR ONLINE STORE

 

当たり障りなく言えば不思議ちゃんキャラですが、ぶっ飛んでるというか、ちょっと狂気を感じさせるようなキャラと言った方が当たってるかも。

色白できれいなのに、しゃべりだすと「あれ?ちょっとおかしい??」となり、突然何かに取り憑かれたかのようにギョロ目で叫びだす!

 

ヒットエンドラーン!」

ヒットエンドラーン!」

 

2007年に大流行、お笑いと狂気の狭間をあっち行ったりこっち行ったり、見ている方はずいぶん振り回されてしまいましたね。

当時、彼女は女芸人の枠で、可笑しいというか、オカシイ(変)ネタが売りでした

 

その後はテレビの露出度は激減しましたが、女優・映像作家・小説家など奇才ぶりを発揮しています。

子どもの頃はなぜか特別支援学級に編入された時期があったり、いじめにあったり、リストカットを繰り返したり・・・その他もっと壮絶な過去があるようですが、彼女は彼女なりに折り合いをつけ自分の心の闇を治めているようです。

ネタのヒットエンドランですが、マニアの間では

 

  • ヒット=打つ=鬱
  • ラン=走(る)=そう=躁

 

との解釈で、意味が深~いんだとか。

 

血や骨が好き」とインタビューでも話すなど、が深そうなイメージもあって、怖いもの見たさでつい気になってしまいます。

 

 

彼女はとにかく、普通でないです。(じゃあ何が普通かって聞かれたらわかんないですけど・・・汗)

みんな心の闇を抱えながら何とかやっていて、ギリギリのところで狂気を免れている人もいるかと思うのですが、鳥居みゆきさんの場合、その境界線に立っておいでおいでしている感じ!?

怖いよー。でもちょっと見てみたいよー!

 

 

平野レミ

 

ユニークなキャラの平野レミさん。

 

 

職業はシャンソン歌手とタレントとなっていますが、ユニークなキャラを活かして料理愛好家として活躍中!

料理もユニークで、「家庭料理を楽しく、手早く、美味しく」がテーマで、自称シェフならぬシュフだそう。

 

彼女の料理は、彼女のキャラと同じく、自由奔放、豪快、おおざっぱで、どれも簡単にやってのけます

 

NHKで初めて料理番組に出演した時は、素手でトマトを握りつぶして調理したことで視聴者からクレームの嵐を受けましたが、そんなのお構いなし!そのレシピのトマトの調理法はその後も包丁を使わず握りつぶす方法です。

料理中もずっとしゃべりまくりでテンションも高いまま。なんでああもしゃべりまくるのか理解不能で、見ている方はちょっと疲れちゃいますね。

 

しかし完成した料理はどれも絶品なんだとか

番組関係者の中には「歩く放送事故」とか、番組名をもじって「狂の料理」なんて言う人もいるそうですが、美味しいのなら文句のつけようがありませんよね。

 

人間は美味しい物を食べると幸せを感じますから、料理で人を幸せにできるんだということを教えたくて仕方がないといった感じです。

まさにあのユニークさ、テンションの高さは料理教(?)の教祖といったところでしょうか。ブレないわけです。

 




キャラやイメージがブレない男性編!23人

 

キャラのブレない女性芸能人を見てきましたが、どなたも魅力的でしたね。

ここからはキャラやイメージがブレない男性芸能人について、紹介していきます。

 

 

京本政樹

 

時代劇と言えば、京本政樹さん。必殺仕事人Ⅴの殺し屋「組紐屋の竜」で大ブレークしました。

 

画像出典元:ミドルエッジ

 

端正な顔立ちで何とも言えない色気を感じます。

時代劇の大御所大川橋蔵さんから、時代劇のメイク、所作、立ち回りなどを直接指導を受けており、時代劇にかける情熱は筋金入りです。

 

かつらに至っては、前髪を垂らした独特な「政光結い」なるものを考案し、大衆演劇の世界では「京本かつら」と言われてるんだとか。

ガチガチに時代劇に固まっていると思いきや、現代劇でもいろんな役がこなせます。

 

私生活では関西弁をしゃべり、きさくな明るいキャラで、そのギャップがおもしろくバラエティ番組でも人気です

 

しかし、やはり時代劇愛がすごすぎて、とうとうかつらと着物姿で登場するようになりました

四日市市の時代劇風プロモーション映像「必見四日市」では監督・主演・音楽を担当しています。

 

画像出典元:Sponichi Annex

 

その他、お笑いコンビ、インパルスの堤下アツシのYou Tube「堤下食堂」でも時代劇の恰好で登場しています。

食事は一日一食、夕食のみでその影響か体型は変化していないそう。

 

いつまでも変わらぬ美しい顔立ち体型ブレない仕事人です!

 

 

及川光博

 

王子様キャラとして有名なミッチーこと及川光博さん。

 

画像出典元:VICTOR ENTERTAINMENT

 

デビュー当時は「ミッチロリン星の王子」として売り出しましたが、2年程で王子を辞めることを宣言し、本格的なアーティストに転職(?)しています。

いくら王子を辞めたと本人が言っても、やはりキラキラの王子様のオーラは消えるはずもなかったのですが・・・

実際、ミッチーのご実家はお手伝いさんが何人もいるほどの裕福なご家庭で、生粋のおぼっちゃまですから。

 

それはともかく、デビュー当時からセルフプロデュースができるほどの才能の持ち主でしたから、王子様という狭い枠での活動に飽きてしまったのでしょう。

もっと大きな舞台で自分の実力を発揮すべく、ミュージシャンや俳優として本格的に活動するようになりました。

ミュージシャンと俳優のいわゆる二刀流ですね!

 

俳優としての時は、おのれを料理の食材として監督に身を委ね、ミュージシャンの時は、自分を美味しい料理に変えるシェフとして使いわけているそうです。

コンサートではコンセプト・構成・振り付けなど自身でプロデュースしているので、パフォーマーでありプロデューサーなのだとインタビューに応えています。

 

だから完全に陶酔しているわけではない。ナルシズムとは真逆ですよ。プロの仕事をしてますね、自分で言うのも変ですけど。極端な例で言うと、秋元康さんが衣装を着て踊ってる感じ。
引用元:日刊スポーツ 

 

さすが、プロですね。ミッチーのキャラがブレないわけです。

ミッチーと言えば、ファンを大切にしていることでも有名です

ファンレターやアンケート、メールにはほぼほぼ目を通しているんだとか。

 

ファンの女性を「ベイベー」、男性を「男子」と呼び、ライブでもファンとのコール&レスポンスが息ピッタリ

一緒に歌い、踊り共に及川光博ワールドを創り上げ、何とも言えぬ恍惚のひと時のようです。

その映像がこちら。

 

 

これは及川光博ワンマンショーツアー2019のものですが、たしかに・・・

しかもこのワンマンショーツアーは毎年コンセプトを変えて、毎年違ったミッチーに会えるという。

こりゃ、はまりますわな!

 

ファンを常に大切にし、セルフプロデュースを怠らないこのプロ魂が、ミッチーがいつまでもブレない理由ですね。

 

画像出典元:PR TIMES

 

誰が何と言おうとも、ミッチーはベイベー達の永遠のキラキラ王子様ですね。

 

 

郷ひろみ

 

NHK紅白歌合戦に12年連続34回出場している郷ひろみさん。

 

画像出典元:スポーツ報知

 

この画像は第72回紅白歌合戦のリハーサル時のものですが、この表情、どうみても初出場を決めた若手歌手にしか見えません。

いつまでもアイドル時代のまま。まさに驚愕デス!!

 

過去においては、いつまでも変わらぬ郷さんの容姿を見て「彼はすごいナルシストだからね」と陰口を叩く人もいましたが、さすがにナルシストだけでは、この黄金の肉体は手に入らない・・・

マスコミはこぞって郷さんの若さの秘密を取材しています。

要約するとこんな感じです。

 

  • 【運動】
    ・週3回、ジムでトレーナーを付けてウエイトトレーニングをする
    ・スクワットを1日40回行う
  • 【食事】
    ・基本は1日2食
    ・腹6~7分に抑える
    ・30回は噛んで食べる
    ・水にこだわる
    ・野菜専用の冷蔵庫にさまざまな野菜を揃え、食べる
  • 【生活習慣】
    ・7時起床
    ・歯磨きは1日5回
    ・夕食は7時頃までには済ませ、胃が空の状態で寝る
    ・睡眠は8時間

 

んー、すごいストイックな生活

これを1年365日、何十年も続けた結果が今の黄金の肉体ですって。ほんとスゴイ!!

 

一方、郷さんには整形の噂もありますが、実際はよくわかっていません

しかし、それを知ってか、整形クリニックのCMに登場しています。

 

画像出典元:PR TIMES

 

相当のタヌキですな!

ともあれ、これからもアイドル路線を爆走すること間違いなし!

アイドルであり続けようとする姿には1ミクロンのブレもないようですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiromi Go(@hiromigo_official)がシェアした投稿

 

今日も郷さんの1日はいつものように始まります。

 




 

THE ALFEE

 

3人合わせて200歳越えのTHE ALFEE

 

画像出典元:日刊ゲンダイ

 

3人とも容姿も歌声も変わらぬままで、まさに奇跡としか言いようがありません

中でも全く揺るぎないのが、男の友情と高見沢さんのロン毛!(そこかい!!)

 

グループで長い間音楽活動をしていると、お互いの方向性の違いから不協和音が生じ、解散に至るケースがほとんどですが、THE ALFEEは違います。

学生時代からの付き合いですが、売れない時期もメジャーになってからも男の友情は変わりなく、言い争いもほとんどないというからよっぽど相性がいいのでしょうね

というか、この3人、個性が違いすぎると思いませんか?

 

ベース担当の桜井賢さんは、サングラスに髭、オールバックでクールなイメージ。

坂崎幸之助さんは、繊細なアコースティックギターでフォークシンガーそのもの。

高見沢俊彦さんは、エモーショナルなエレキギターでビジュアル系のロックシンガー。

異質すぎます!

 

しかし、この異質であるサウンドが友情という魔法で一つに合わさると、この世に二つとない美しいアルフィーサウンドとなるのです。誰も真似できない彼らだけの世界!

最近はライブ活動がメインで、活動開始からそろそろ半世紀を迎えようとしていますが、友情も音楽性も全くブレません

ライブに行くと、3世代ファンも珍しくないんだとか。孫と一緒にフィーバーなんてカッコイイ~!

 

ちなみにですけど、高見沢さんのロン毛は地毛ですって!うらやまし~!!

ロン毛が続く限り、これからも三位一体の魔法はとけることはないのでしょうね。

 

 

矢沢永吉

 

日本の伝説のロックン・ローラー、スーパースターと言えば永ちゃんこと矢沢永吉さんですよね。

いきなり失礼!彼の場合は「世界のYAZAWA」でしたね!

 

 

永ちゃんの魅力をファンに聞くと「オシャレでカッコイイ」とか「生き方がカッコイイ」と言いますが、必ず「しかもブレない!」と続きます。

ここで永ちゃんの黄金時代を知らないミレニアル世代のためにざっくり説明しておきましょう。

 

  • 広島生まれ。母は3歳の時に蒸発、父は小学2年の時、被爆の後遺症で死亡。生活保護を受けている祖母に育てられる。極貧生活を送ったことで、子どもながらにも金持ちになろうと強烈に思ったという。
  • 高校卒業と同時に、わずか5万円とトランク、ギターを持って夜行列車に乗り込み横浜駅で下車。バイトをしながらバンド活動を開始する。
  • ロックバンド「キャロル」を結成。英語・日本語ちゃんぽんの歌詞と独特の巻き舌唱法でロックというジャンルを日本音楽会のメジャーに押し上げた。一方、リーゼントに革ジャン、サングラス、バイクというファッションが不良というイメージと融合し、後に暴走族の登場となり、大きな社会現象となった。
  • キャロル解散後はソロとして活動。「元キャロルの矢沢」を期待するファンが一気に離れたが、ライブごとに「ソロシンガー矢沢」は徐々に認知され、不動の人気を博す。
  • 1978年は当たり年。長者番付歌手部門で一位を獲得。大ヒットCMソング「時間よ止まれ」は累計売上ミリオンセラーを記録。「成り上がり」を出版、100万部を超えるベストセラーとなる。
  • 多くのチャレンジを敢行。「ライブミュージシャンの先駆者」「海外レコーディングの先駆者」「著作権ビジネスの先駆者」とも言われている。のちにインディーズ・レーベル「GARURU RECORDS」を立ち上げている。
  • 1998年、オーストラリアのスタジオビル建設計画に絡み、元事務所側近による35億円横領事件が発覚。35億円の借金を背負うことになるが、ライブ活動、CM・映画出演などで、借金を15年で返済する。
  • 赤坂に事務所兼スタジオ兼バー&ショップを所有。南麻布に推定15億の豪邸所有。
  • 70歳でアルバムランキング最年長1位獲得アーティストとなり、アルバムTOP10入り作品数、歴代一位、さらには全国アリーナツアーを行った国内男性ソロアーティストの最年長記録を塗り替える。

 

ざーっと端折ってこんなもんです。

永ちゃんを語りだしたら、何日かかるのやら。

 

無一文から「成り上がり」を果たし、スーパースターになるも、仲間に裏切られ35億円の借金を背負わされもうだめかと思いきや、不死鳥のごとく甦る・・・・まさに伝説のヒーローです!

どんな時も諦めず、人のせいにもせず、自らの力で這い上がっていく姿は全くブレがありません

 

永ちゃんはロックという生き様を体現しています

生涯ロックし続けます!!

そして何より一番ブレていなくてスゴイのが、ファンの皆様デス!!

 

 

GACKT

 

芸能人格付けチェックで前人未踏の65連勝を達成しているGACKTさん。

 

画像出典元:文春オンライン

 

研ぎ澄まされた感覚と審美眼、豊富な知識はこれぞ超一流芸能人といったところ。

加えて、美しいルックスに完璧なボディーとすべてが揃ったまさにMr.パーフェクトです!

おまけに豪華な生活を優雅に送っている・・・

 

何故なんだ!何故、天はGACKTに二物どころか三物も四物も・・・すべてを与えたのか!!

叶姉妹の男版といった感じで非常に謎、ミステリアスですねぇ。

 

GACKTさんは自身を「表現者」としていて、自分にしかできない表現を追求しているのだとか。

そのために考えたのが、少数でいいからコアなファンをつくり、その絶大なサポートを受けて一緒に夢を叶えていくというもの。

 

ですからGACKTさんは非常にファンを大切にしています。ファンのことを「LOVERS」と呼んでいるのだとか。

 

GACKTさんにそう呼ばれたら、そりゃ、ちょっとの無理どころか、いっぱい、いっぱい援助しちゃいますよねぇ~

着実にファンを増やしたところで、不動産などでさらに資金を膨らましたそうです。

 

華麗なる錬金術師です!

潤沢な資金で最高のGACKTを創り上げる!そのための努力は怠りません

 

GACKTさんは、超ストイックなことでも有名で、自分に対してもどSなキャラと思われる?!

毎日欠かさぬトレーニングはアスリート並み、食事は炭水化物を極力控え1日1食とのこと。

 

GACKTがGACKTであるためのブレない美学が彼の中にはあるのでしょう

ストイックな生き方だって、もはや快感になっているのかも!?

だから絶対にブレませーん!!

 




 

内田裕也

 

口癖が「ロケンロール」だった内田裕也さん。敢えて若い頃のお姿をそうぞ!

 

画像出典元:週刊女性PRIME

 

一般人からしたら「何をしているのかわからない人」としかいいようのないキャラでしたが、筋金入りのロックン・ローラーでした。(筋金がかなり曲がりくねっていましたけど・・・)

ロックの草分け的存在として、ロック界の大御所と言われています

 

画像出典元:Sponichi Anex

 

たしかにドンです!

ロックの定義自体非常に曖昧なものですが、裕也さんの中には確固たる信念、ブレない軸がありました。

それが反骨精神

 

画像出典元:amazon

 

ロックン・ローラー内田裕也という作品を完成させるために生きたような人でした。

媚びずに、群れずに、誰にも屈せず・・・

嘘やごまかしができない不器用な人だったのでしょう。数々の騒動、女性問題などを起こすこととなりました。

 

どんなに人に迷惑をかけたとしても、10%の正義感と10%の人間に対する愛情というのはきちっと持ち合わせて生きてきたつもりだったんだとか。

ほんの一握りの「純」ですね。

 

たしかに裕也さんはブレずに破天荒な人生を送りましたが、本当にブレなかったのは最後まで夫婦を貫き通した樹木希林さんだったのかも!あっぱれ!!

 

 

堂本光一

 

王子の中の王子と呼ばれている堂本光一さん。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koichi Domoto(@koichi.domoto_kd_j)がシェアした投稿

 

しかもこの王子様、ただの王子様ではないらしい。よく働くことで有名なんだそう。

「趣味は仕事」「堂本光一から仕事を取ったら何も残らない」というから相当なワークホリックと思われます

 

堂本剛さんとの「KinKi Kids」がスタートしたのが1993年。

バラエティ番組でトークを回したりまとめるのが上手く、MCや司会者を任されるようになり、番組制作に深くかかわることに。徐々にプロデューサーのような役割を果たすようになっていきました。

 

もともとミュージックに強い憧れを抱いていたところ、2000年にいきなり「MILLENNIUM SHOCK」で帝国劇場最年少座長に抜擢され見事成功。

その後シリーズ化され研鑽を積んで2005年からは「Endless SHOCK」として脚本・演出・音楽すべてのプロデュースを担当するようになりました。

 

ミュージカルで歌、演技、ダンス、アクションすべてをこなす例は珍しいらしく、人気を博し「日本一チケットが取れない舞台」と言われているのだとか。

帝国劇場での公演は1700回を超え、これはミュージカルでの単独主演最多記録だそうです。

 

公演を長く続けていると何かしらのトラブルや怪我に見舞われるものですが、自身の体調不良や怪我を理由で公演中止になったことはないというから、スゴイ!健康管理も半端ない!!

何かのトラブルに会った時言い訳できないよう、公演中はゲン担ぎでルーティーンを行っているそうです。

 

起床、劇場入り、食事、ウォーミングアップ、風呂、メイクアップ、ステージの時間を決めてそれを崩さないようにしているとか。徹底してますね。

ここまで徹底して舞台に挑む彼のことを「ストイック」「完璧主義者」という人もいますが、本人はただ「単純に、やらなきゃ怖くてステージに立てないだけ」と否定しています。

 

どうみてもストイックそのものですよね。しかもどS”級!!

音楽活動においても、作曲のほか映像の制作・編集にも携わり、もはやプロデュース型人間だと言われています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koichi Domoto(@koichi.domoto_kd_j)がシェアした投稿

 

徹底的に仕事に挑む姿には全くブレがありません

堂本光一さん、実は”どS王子”だったのですね~!

 

 

美輪明宏

 

若い頃は、天才作家・三島由紀夫に「天上界の美」と讃えられた美輪明宏さん。

 

 

いまでも十分美しい!まるで女神のようで後光が差しているようですね。

余りの神々しさに、もはや男なのか女なのかどころか、人間なのか神なのか戸惑うほどです

 

美輪明宏さんを今風にぶっちゃけて紹介すると、「芸能界で初めてカミングアウトした同性愛者であり、多様性の重要性について一石を投じた芸能人」といった感じでしょうか。

人はよく物事を二つに分けて見ています。貧富、正邪、男女等々

美輪さんを見ていると、その枠組みを超えたところにある物事の神髄に気付かされます

 

最近は美輪さんの人生相談が大好評です。

圧倒的な人間力で人々のお悩み解決するさまは、まさに神がかり

微塵のブレもありません!!

 




 

タモリ

 

日本国民みーんな顔は知ってるのに、みーんなどういう人かわかっていませんよね、タモリさんのこと。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuyoshi Morita(@tamori_official)がシェアした投稿

 

最近ではNHKとかでうんちくを披露してずいぶんと教養人のイメージですが、芸能界にデビューしたての頃はとにかく面白い芸人さんでした。タモリさんのイグアナは絶対忘れられない!!

てっきり正真正銘の芸人さんかと思いきや、交友関係や趣味、知識が半端なく、何でもこなせて、マルチタレントと呼ばれるようになりました。

 

芸人さんがよく「芸の肥やし」と言いますが、タモリさんの場合は芸の肥やしが知識なのでしょう。

知識といっても勉強から得たものでなく、好奇心のアンテナを使って、身の回りから掘り起こしたような面白い雑学の知識とでも言いましょうか。

 

「面白い」をオモロイことに変えて魅せてくれます。例えば、タモリさんの四ヶ国語麻雀など・・・

だからタモリさんの笑いはすごく自然でアドリブ的でとにかく可笑しい!楽しい!!

見ているだけで、こちらの緊張がとけて頬がゆるんでくるそんな不思議なキャラです。

 

編集者・作家の松岡正剛氏は、タモリさんの三原則として「仕込まない、批判しない、力まない」を挙げています。

もはや悟りを開いた禅師のような境地ですね。

飄々とした風貌は「人生、何だって面白いんだよ、楽しんだモン勝ちだよ!」と語っているようですね。

 

 

明石家さんま

 

タモリ、ビートたけしと並んで「お笑いビッグ3」に名を連ねる明石家さんまさん。

 

画像出典元:東洋経済

 

お笑いのためなら何時間でも寝ずにしゃべることが出来るほど、テンション高いです!!

ボケ、ツッコミのコテコテの笑いが体中にしみ込んでいるような感じ。

笑いの天才、笑いの申し子、イヤ年齢的に笑いの妖怪とでも言いましょうか

 

脳みその99%は「笑」で出来てるに違いない!

どんなことでも、どんな人とのトークでも必ず鉄板ネタで笑いを取れる芸人さんですね。

きっと頭の回転が速いのでしょう。

 

とぼけた顔で話しを聞きながらも、オチはここいら辺でとあたりをつけながら見事に笑いの的に的中させるところなんかさすが関西人!!

百発百中の腕前はお見事!全くのブレがありません!!

 

 

ビートたけし

 

お笑い界のドンと言えばこの人、ビートたけしさんです。(映画監督としても実力発揮!)

 

画像出典元:Book Bang

 

完全に怖い人ですよね!タケちゃんマンで笑わせてくれてた頃が噓のようです。

お兄さんの北野大さんはどちらかというといい人、いい子ちゃんキャラですが、たけしさんは反発してか明らかに悪ガキキャラですよね。

反体制的な性格なのか、ギャグにもちょっとがあって面白いです。

 

「赤信号、みんなで渡れば怖くない!」って、独自の感覚で結構奥が深そう。

「今ある体制や社会って、違う角度から見るとどうよ?」と、はみ出した側からしか見えてこない風景を、笑いや映画として見せてくれるエンターテナーです。

お笑いギャグに油断してガハガハ笑っていたら、突然マシンガンでやられるかもしれないので要注意!!

 




 

所ジョージ

 

お気楽キャラと言えば、趣味三昧の所ジョージさんでしょうか。

 

画像出典元:テレビ東京

 

趣味は車、ゴルフ、スカジャン、スニーカー、フィギュアなど多岐にわたり、事務所兼遊び場の世田谷ベースは趣味のものだらけとなっています。(誰だってこんな風に遊びたーい)

BSフジのバラエティ番組「世田谷ベース」は創意工夫や遊び心などを中心に、人生の楽しみ方を紹介しています。

もはや仕事なのか遊びなのかわかりませーん!

 

テレビ東京の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」も長く続いてますね。

人生を楽しむ達人として、適当に仕事も楽しんでみました~って感じです

 

ちなみにこの世田谷ベースには、ビートたけしさんが毎週のように来て遊んでは、所さんの奥さんの手料理も楽しんでいて「所の家おもしれーな。これなら姉ちゃんのいるとこ(キャバクラ)行かなくてすむな」と言っているそうですよ。

所さんの場合、芸は身を助くではなく、趣味は身を助くですね

 

 

高田純次

 

古希を過ぎても、テキトー男のままの高田純次さんをどう見たらいいのでしょう??

 

画像出典元:Sponichi Anex

 

いつかは分別臭くなるだろうなと思っていた人、残念でした!

テキトーじいちゃんになってしまいました。

 

いえいえ、高田さんはああ見えて(失礼!)実のところはテキトーではありません。

なんせ、事務所の代表取締役ですから!過去にはあの高嶋ちさ子さんが所属していたこともあるんですよ。

 

高田さんは東京デザイナー学院卒業で、一時期宝石販売会社で営業とジュエリーデザイナーの仕事をしています。

ですから鑑識眼のあるセンスの良い人とお見受けいたします。

 

それを裏付けるのが趣味ともいえる車選び(正確に言うと車の乗り換えデス)

乗りこなした車の台数はポルシェなど外車も含め30台ほどとのこと。周りと同じ車には乗りたくないとかなりこだわりのあるチョイスです。

アストンマーチンDB9に至っては、日本上陸第1号車を購入しています。

 

テキトーを演じてますが、実はかなりのこだわりのある人のようですね

同期には、イッセー尾形さんや柄本明さんなど個性的な俳優さんがいて、その中で自分の立ち位置を考えた末がこのテキトーキャラだったのかも。

 

どんなにテキトー毒舌トークをしても、不思議と人を不快にさせません

ファッションにしても、決め過ぎず好感度抜群のセンスです。

絶妙なセンスとでもいいましょうか、トークも服装もほんと洒落てる

ダンディーでオシャレな見た目は全然変わりません!!

 

日本社会にもダイバーシティが浸透したようで、じいちゃんの新種発見といった驚きです。

人間、年取ればそれなりに知識と経験で年長者っぽく振舞いたくなるところ、いい意味で老いのイメージを覆してくれています。

 

テキトーに冗談のひとつでも飛ばしていたら、ボケたりしないかもデス!

高田さん、喜寿もそのままでいきましょう!!

 

 

出川哲朗

 

抱かれたくない男ランキングで常連の出川哲郎さん。

 

画像出典元:MANTAN WEB

 

と、思いきや最近愛されキャラとして認められだしたってご存知でした?

人気が出始めたのは「世界の果てまでイッテQ」に出演したのがきっかけでした。

 

英語が喋れない出川さんが、外国で身振り手振り、体を張ってミッションを遂行するというものです。

例えばある時は「国際連合本部で限定お土産を買う」といった具合に、超難題です。

 

とても無理だろうと思われることなのに、「出川イングリッシュ」なるブロークンイングリッシュで、発想力と行動力を駆使して見事成功させるのです。

いつもはいじられキャラの出川さんが、物おじせずに外人に話しかけ、一つ一つ困難を克服する様子を見ていると、いつのまにか応援していて我ながらビックリしてしまうのですが・・・

多くの人の共感を得て、つの間にか人気者になっちゃいました!

 

テレビ東京の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」も好評です。

仲間うちでも、出川さんはどんな仕事でも体当たりでやってのけるのでスゴイと評判です

 

どんな時も””の出川さんのままでそれこそ全力投球する姿にいつの間にか引き込まれていきます。

売れようが売れまいが、女性に嫌われようがそんなことお構いなしで、いつでも素の自分で勝負している姿は全くブレがなく潔いです!(ある意味すごい鈍感力とも言えるけど)

 

抱かれたい男ランキングで1位を獲ったとしても、今のキャラは崩さないでくださいねー!(まずないでしょうが・・・)

 




 

上島竜兵

 

いじられキャラ、ナンバーワンと言えばこの人、上島竜兵さんですよね。出川哲朗さんといいライバル関係?!

 

画像出典元:日刊スポーツ

 

ダチョウ倶楽部のなかで、いじられキャラ。

最後に怒って、帽子を叩きつけて「訴えてやる!」がお約束です。

 

熱湯風呂芸など、わかっててもリアクション見たさについついテレビにくぎ付けです。

後輩芸人の面倒も見ますが、後輩の方が有名になってよく売れても全然平気だそうです。

 

有吉弘行さんが全く売れない頃、上島さんが一緒に悩んで励ましてくれたんだとか。

いまでも有吉さんは恩義を感じていて、上島さんの誕生日には毎年のようにツイってます。

 

 

なんか泣けてきそう・・・

上島さんは人情味があるというか、芸人の悩み苦しみを共有し励ますところが魅力なのかもしれませんね

しかし「オレはどうすりゃいいんだー!」と一番もがき苦しんでいるのは上島さんだったりして~

 

 

オードリー春日

 

オードリー春日さんと言えば、ピンクのベストに七三のテクノカットですよね。

 

画像出典元:type

 

がたいのいい春日さんがゆっくりとセンターマイクに向かって歩いていく姿は見ていて惚れ惚れしちゃいます。

漫才が始まる前から、もう芸が始っていて、いやでも期待が膨らみます。

変わらないと言えばホント全く変わらないキャラですが、飽きることもなくただただ期待してしまうのです。

 

がたいのイイ男のイメージとしては

 

・頼りがいがある

・筋肉があってカッコイイ

・堂々として自信を感じる

 

などがありますが、これらすべてが揃っているかのような幻想をいだかせてくれます。

そして、そこんとこよろしくみたいにお決まりの「トゥース!」決して崩れないマイペースな”春日”を見ていると妙に安心するのは私だけでしょうか。

 

どんな時でも、何があっても”春日”は”春日”!!

ホント言えば、春日は変化が怖いんじゃないかと思えるほどのワンパターン人間で、不器用なだけなんですけどね。

 

ネタを合わせる時も、台本に書いて演技指導をすると春日さんの頭がパンクするそうです。

相方の若林さんは必ずレコーダーを使って、若林さんの喋りに春日さんのアドリブを入れるという形で仕上げているのだとか。

春日さんができるようにしてあげないといけないんだそうですよ。

 

ともあれ、春日さんは若林マジックで光り輝いて見える!

”春日”は”春日”「これでいいのだー!!」

春日さんは何も心配しなくて大丈夫!ネタは若林さんが考えてくれるからね!

 

 

カズレーザー

画像出典元:voicy

 

金髪に赤い服がトレードマークのカズレーザーさん。

安藤なつさんと組んでコンビ名が「メイプル超合金」って、わけわかめー!!

一体何をしたいんだろうと不思議に思いますが、芸風は超自然体、肩ひじ張らない頑張らないキャラです。

 

ところが、実は何とも意外性があってスゴイ芸人さんなんです。

ド派手な恰好で遊び人と思いきや、実は高学歴で同志社大を卒業とのこと。

クイズ番組で活躍出来るほど知識が豊富で、頭の回転が速い人なのです。

 

ただ知識が豊富なだけでなく、物事の本質を見抜く洞察力にも優れていて、情報番組でも的確なコメントができるなどインテリ派芸人としても活躍しています。

一般社会の常識に縛られるのではなく、物事の本質をつねに感知するセンサーのようなものが彼の中には存在するのかもしれませんね。

 

You Tubeでお悩み相談のコーナーがありますが、とにかくコメントが論理的でわかりやすい独自の価値観で瞬時に導き出された回答は全くブレがありません

しかも、甘いマスクなのに実は超マッチョでドキッ!

 

見た目とちがって、精神も肉体も強靭です。鋼いや超合金です!!

バイセクシャルと公表していますが、そりゃあそうでしょう。ロボットに性別はありませんから!!

 




 

江頭2:50

画像出典元:毎日新聞

 

お笑い芸人江頭2:50、愛称エガちゃんもブレない芸能人としてよく名前があがりますよね。

上半身は裸で下半身は黒いスパッツ姿という出で立ちは何年経っても変わりません。

 

芸風は過激でハチャメチャ、放送事故(?)もしばしばで目をそむけたくなる人も多い中、不思議と根強い人気があるのはなぜでしょう。

エガちゃんをよく知る芸能人はみんな、素の彼は真面目で礼儀正しい常識人といいます。

 

そんな真面目な人間が、いざ芸となると自分の限界を超えて、本気でお笑いに体を張って、命を懸けるところがスゴイ!!ってことになるんでしょうね。

 

目の前で悲しんでいる人を見つけたら何とかして笑わせたい。そのためなら警察に捕まってもいい。寿命が縮んでもいい。

引用元:江頭2:50の名言格言115選

 

エガちゃんの本気度がわかります!

テレビではコンプライアンスに抵触し出禁となる番組も多く、活躍する場は減ったものの、その分You Tubeで「エガちゃんねる」を開設し、大ブレーク!!

開設9日目で登録者数100万人に達し、驚異の記録をたたき出しました。

しかも相変わらずの恰好で相変わらずの芸風です。ほんとブレてませんわ、ヤレヤレ!!

 

 

マツコ・デラックス

 

毒舌家と聞いてまず最初に思い浮かぶのはマツコ・デラックスさんでしょうか。

 

画像出典元:東洋経済

 

いつも歯に衣着せぬ物言いで、見ていてスカッとします。

芸能界でも毒舌家と言われる人はたくさんいますが、ただ相手をこき下ろすだけの人や、自分の鬱憤をはらす人がいる中で、とても健康的(?)な毒の吐き方で、ただただ面白い!

 

マツコさん自身、性的マイノリティーだったり、引き籠りだったりと随分と苦労があったようなので、人の痛みは十分にわかっているのでしょうね。

どんなに毒舌を振るっても、人を傷つけるために言っているのではないことがはなからわかっているので、安心して聞いていられます

場合によっては明らかに、親愛の情の裏返しみたいな時があるので、わかりやすーい!

 

マツコさんが今のようになるまでにはいろいろと葛藤があったと思います。

 

画像出典元:Girls Channnel

 

周りに隠したり、誤魔化したり・・・一番辛かったのは自分に嘘をついているような罪悪感があったことでしょうか。

だからカミングアウトしてしまえば、もう何も怖いものなしですよねぇ。

 

自分に正直に生きてるという誇りもあるので、正々堂々とお天道様の下を歩いて行ける!って感じかな?

しかもこればっかりはどうにもならない事とわかっているから、いい意味で諦めていて、とってもポジティブ!!

 

この潔さがあるから、自分の意見をあるがままに伝えることができるんだと思います。

お天道様だって怖くないマツコさんですから、太陽が西から登らない限り、彼女(?)は絶対にブレないでしょう。

 

 

デーモン閣下

画像出典元:文春オンライン

 

ブレない男性芸能人の横綱級をあげるなら、おそらくデーモン閣下ではないでしょうか。

強烈なインパクトがありながら、維持し続けているのはもはや国宝級ですね

 

自身のことを、前地獄副大魔王の悪魔教教祖で、ヘヴィメタルバンド「聖飢魔Ⅱ」の布教活動(音楽活動)をしながら地球征服する!・・・など、言ってることがメチャクチャ怪しい!!

しかし、言ってることは怪しいのに、ひょっとして「魔界」はあるかもと思わせるあたりはさすがデーモン閣下

 

発生地(出身地)は地獄の都Bitter Valley 、血液型はθ33式XD類別A666型、年齢は10万59歳で悪魔の姿こそが本物で人間の姿は「世を忍ぶ仮の姿」と言い切ります。

キャラ設定という骨組み(想像力)は強固で、その上に独特の創造力で彩られた世界はもはやマジック以外の何物でもなく、人々を魔界へと誘っていきます

 

そしてーモン閣下の描く魔界は決してほころびが出ない。彼のマジックは失敗しないので!!

その徹底ぶりがデーモン閣下の魅力なのでしょうね。

 

奇妙奇天烈なことを言うわりに、日本の伝統芸能・文化に造詣が深く、能とコラボ公演をしたり、相撲を語らせたら相撲関係者も舌を巻くほどで、第一人者からも一目を置かれる存在です。

なんとNHKの相撲解説も悪魔の恰好でしていますし、力士の断髪式にも悪魔の恰好で土俵にあがることを許されていたりと、悪魔として世間に公認されているのはミラクル!魔力・妖力以外の何物でもありませんね。

 

間違いなくキャラのブレない芸能人ナンバーワンはデーモン閣下です!!

こう言うと、きっと閣下に叱られるでしょうね。

キャラではない!これが素顔なのだ!!」と。

 




 

さかなクン

 

ギョギョギョで有名なさかなクン

 

画像出典元:さかなクンオフィシャルサイト

 

さかなクンが初めてテレビ出演したのは、高校3年生の時。

バラエティ番組「TVチャンピオン」の全国魚通選手権。

独特な声とテンションで次々とクイズに正解しとうとうチャンピオン!豊富な知識と絶大なる魚愛を披露してくれました。

 

水産大学には進学できませんでしたが、社会に出てからも魚類専門のペットショップで働くなど魚愛を貫き、魚にまつわる活動を続けます。

それが認められ、とうとう東京海洋大学客員准教授・名誉博士にまでなりました。

 

40歳をとうに過ぎていますが、魚愛は全く変わりなく、魚のイラストを描いたり、農林水産省・環境省の各種取り組みに参加したり、講演活動を行ったりと多忙をきわめています。

時々テレビでも見かけますが、トレードマークのハコフグの帽子と白衣姿で魚について語る様子は魚愛全開です!

 

食用・観賞用にならない売れない魚を漁師からもらい受け、魚飼育専用のフィッシュハウスと呼ぶ建物で育てているんだとか。どんだけ魚のことが好きなんでしょうね。

好きな言葉は「一魚一会」ですって! どんだけー!!

 

 

松岡修造

 

国民的熱血キャラと言えば、松岡修造さんですよね!

 

画像出典元:松岡修造オフィシャルWEBサイト

 

今ではテニスだけでなく、オリンピックの放送と言えば、修造さんが登場するようになりました。

熱血キャラはまさに応援団長にふさわしいですね

 

実は修造さんはもともとはどちらかと言うとネガティブな方だったとのこと。

ただ世界の強豪と戦うにはメンタルも強くなければ勝てないので、意識してポジティブに考えるようになったそうです。

 

現役引退後ジュニアを指導するうちに、だんだんートアップしていき、熱血スイッチが入ったものと思われます。

スポーツを見ているだけで、自然とアドレナリンが噴出しちゃうんでしょうね。

 

どんなに熱くても修造さんの熱血論は、根性論ではなく、きちんとした理論に基づいたものなので、暑苦しくならずだれでも納得できちゃうんでしょうね。

これからも日本のために、熱い男でいてくださいね!

 

 

キャラがブレない芸能人まとめ

 

以上、キャラやイメージがブレない芸能人を紹介しました。

みんな個性的なキャラで、その人ならではの空気というか世界観がありましたよね。

なかには、首を傾げるようなキャラがありましたが、その人となりを知ると何とも言えない魅力があり、思わず応援したくなるから不思議です。

今まで関心がなかったジャンルの人でも、意外とおもしろいかもしれません。

ブレないキャラに結構はまるかもしれませんよー!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)