塚地武雅が結婚できない理由はドッキリからの女性不振!もう結婚することはできないのか

Pocket

お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅さん。お笑い芸人としてだけでなく、YouTuberとしても活躍しています。

塚地武雅さんは、結婚していないどころか、女性関係の話もあまり聞いたことがないでしょう。

塚地武雅が結婚できない理由は、ドッキリからの女性不振が原因だといわれています。

 

トラウマになるような恐ろしいドッキリ、塚地武雅さんが結婚できない原因、結婚観など、塚地武雅さんの結婚について、注目していきましょう。

 




塚地武雅が結婚できない理由はドッキリからの女性不振

 

塚地武雅さんが結婚できない理由に注目していきましょう。

塚地武雅さんが結婚できないのは、ドッキリからの女性不振だといわれています。

ドッキリから女性不振になるものなのかとも思われますが、なかなかトラウマになりそうなことをされているようです。

 

塚地武雅さんのトラウマとなったドッキリ企画

 

2004年頃、元タレントのいとうあいこさんと食事に行き、いとうあいこさんに好意をもった塚地武雅さんは、芸能関係者とおぎやはぎの2人に相談をします。

 

出典:www.tv-ranking.com

 

相談したものの、塚地武雅さんの恋の悩みが、当時出演していた『はねるのトびら』のスタッフに提供されたことで、塚地武雅さんの恋がドッキリ企画になってしまったようです。

 

出典:Twitter

 

思いを寄せる女性から食事に誘われるなど、良い雰囲気になっていると思っていたのに、実はドッキリで、だまされていたなんて、その事実だけでもショックですが、それがネタとして世間から笑われていたショックは計り知れないものですね。

塚地武雅さんの恋でドッキリをしたら面白いのではないかと考えるスタッフも最低ではないでしょうか。

ましてや、いとうあいこさんには彼氏もいたと発覚し、塚地武雅さんの傷は大きかったと考えられます。

 

ドッキリから、塚地武雅さんは、女性に対するトラウマを抱えるようになり、女性に誘われてもドッキリなのではないかと考えてしまうようです。

いくらお笑い芸人だからといっても、自身の恋がネタとして扱われたら、女性不振になるのも納得できます。

 

ドッキリから女性不振になった塚地武雅さんは、女性にトラウマを感じるようになり、結婚できない原因となっていますね。

 

アイドルの大ファン

 

塚地武雅さんは、ももいろクローバーZというアイドルがとても好きなようです。

 

出典:natalie.mu

 

ももいろクローバーZのライブに足を運んだり、音楽や映像を楽しんだりと、ファン活動が充実していますね。

女性不振となった塚地武雅さんは、アイドルのファン活動がより盛んになることで、女性との恋愛からさらに遠ざかっているのでしょう。

 

番組の企画として、塚地武雅さんはライブに登場した経験があるようで、その計り知れない嬉しさが感じられます。

塚地武雅さんは、ももいろクローバーZが自宅に訪問してくるというドッキリを受けているようです。

 

ドッキリを仕掛けられることが多い塚地武雅さんですが、このドッキリは心底うれしかったでしょう。

 

 

共演経験もあり、塚地武雅さんのアイドル愛が爆発しています。

ドッキリによる女性不振、アイドルへの熱い情熱が、塚地武雅さんが結婚ができない理由となっていることが考えられますね。

 




女性不振が原因で浮いた話がひとつもない

ソース画像を表示

出典:sirabee.com

 

女性不振となった塚地武雅さんは、結婚どころか、浮いた話がひとつもでていません

 

ドッキリによる女性不振となった後、2012年には、塚地武雅さんは40歳になるが童○であることを明かしていたようです。

あんな恋心をもてあそぶようなドッキリを受けたら、女性を信じられないのも無理はないでしょう。

ドッキリかと疑ってしまい、女性を信じられないことで、恋愛をすることができないと語っています。

 

お笑いだけでなく、俳優としても活躍する塚地武雅さんは、共演する女優ととても仲良くなるようですが、友達以上の関係には発展できないようです。

食事に誘われたり、友達以上に仲良くなったりすると、やはり女性が信じられず、交際に発展できないのは、苦しいものでしょう。

 

実際に、塚地武雅さんが女性との写真を撮られたことも、浮いた話も浮上したことはありませんね。

 

今でこそこうなってしまったが、昔はスリムでそれなりにモテていた

 

現在の塚地武雅さんは、ふっくらとした体型が印象的ですが、昔は体育会系でスリムだったようです。

 

 

中学時代の塚地武雅さんですが、現在とは違い、スリムですね。

剣道部に所属していた塚地武雅さんは、体育会系のスリムな体型をしていました。

 

明るい性格で、周りの人を笑わせていた塚地武雅さんは、スリムな体型も相まって、それなりにモテていたようです。

現在のふっくらした体型でも、様々な女優と仲良くなる塚地武雅さんは、スリムで女性不振に陥っていなければ、かなりモテることが考えられるでしょう。

 

ドッキリで女性不振にならなければ、女性から人気のある塚地武雅さんは、結婚していたかもしれませんね。

 




女性不振だが結婚願望はある

 

10年以上彼女がいないという塚地武雅さんですが、結婚願望はあるようです。

 

女性に人気のある塚地武雅さんは、恋愛、結婚をしようとすれば、結婚もできるのかもしれません。

それでも、過去のトラウマが原因で、女性との距離が詰められないのでしょう。

 

相方に対し、いつかは結婚したいと話す塚地武雅さんは、結婚願望はあることがわかりますね。

 

好きなタイプはきれいで、よく笑う女性

 

塚地武雅さんの好きなタイプは、きれいな女性、よく笑う女性のようです。

お笑い芸人の塚地武雅さんは、自身のネタにも笑ってくれる女性がタイプなのでしょう。

 

周りの人を笑わせることが好きな塚地武雅さんにとって、よく笑ってくれる女性といれば、お互いに楽しい空間に包まれて、幸せですね。

きれいな女性もタイプだと発言するのは、仕事柄、美人な女優に囲まれて、きれいな女性といたいと感じているのかもしれません。

 

塚地武雅さんの女性不振をはねのけるような、よく笑うきれいな女性と出会えることに期待ですね。

 




女性不振ということもあり現在彼女はいない

ソース画像を表示出典:cinemacafe.net

 

現在も塚地武雅さんには彼女がいないようです。

 

ドラマやバラエティ番組で共演した女優と仲良くなり、水川あさみさんや沢尻エリカさん、吉高由里子さん、綾瀬はるかさん、北川景子さんなど、数々の女優とメル友になっているようですね。

明るく面白い塚地武雅さんは、気さくな人柄で人気があり、女優とも友達になっています。

なんと、曲者といわれるような方とも友達になれるようです。

 

女優と付き合っているのではないか、急に結婚報告するかも、といわれた塚地武雅さんですが、誰とも付き合っていないどころか、塚地武雅さんと仲の良いほとんどの女優が別の男性と結婚をしています。

 

友達としてはいい関係が築ける塚地武雅さんは、女性からもモテるため、恋人ができてもおかしくないでしょう。

それでも彼女がいないのは、女性不振がここまで影響しているのかと思いますね。

 

塚地武雅さんには、現在も彼女がいません

 

塚地武雅は今後結婚することはできないのか

 

女性不振が影響して、彼女ができない塚地武雅さんですが、いつか結婚したいと発言するなど、結婚願望はあるようです。

この先も、塚地武雅さんは結婚ができないのでしょうか。

 

塚地武雅さんは、明るく気さくな性格で、周りの人を笑わせることが好きなことから、誰とでも仲良くできる人です。

数々の女優とも仲良くなることができ、うらやましいと思われることも多いでしょう。

 

出典:Twitter

出典:Twitter

 

また、一般女性は、塚地武雅さんがタイプ、塚地武雅さんみたいな人と結婚したいと発言している人が多い印象があります。

塚地武雅さんのような包容力のある男性と結婚したいと思うのは共感できますね。

 

このように、塚地武雅さんは、女優からも一般人からも、モテることがわかるでしょう。

しかし、塚地武雅さんの女性不振が、恋愛も結婚も遠ざけていて、どうして結婚しないのかと心配されることにつながっています。

 

塚地武雅さんの好きなタイプは、きれいでよく笑う女性ですが、これは一般人でも女優でも当てはまるでしょう。もちろん、女優はキレイな人ばかりですが、一般人でも美人はたくさんいます。

数々の女優と交流がある塚地武雅さんは、女優か女優ほどの美人ではないときれいだと感じられないかもしれませんね。

 

よく笑う女性ということで、明るい性格も重要です。

しかし、よく笑う人は、見た目にそのやわらかさがみえることが考えられるため、塚地武雅さんは恋愛をするうえで、見た目を重視することが考えられます。

 

年齢を重ねたことで、恋愛観が変化することはあっても、塚地武雅さんが結婚をするとしたら、見た目は重視されるでしょう。

 

また、塚地さんは、芸能界に入る前に、一般女性と交際していて、結婚まで考えていた人がいたことからも、一般人も恋愛の対象になる可能性があります。

女性不振に陥るきっかけとなったドッキリが企画された際は、相手がタレントだったため、芸能人にはドッキリなのか疑いを向けるかもしれません。

女優から2人で食事に行こうと誘われたら、またドッキリなのかなと疑うとすれば、塚地武雅さんが安心できるのは、一般人だと考えられますね。

 

女優でも関係なく、誰とでも仲良くなれる塚地武雅さんは、一般女性からも塚地武雅さんのような人と結婚したいといわれるほど、女性からモテています。

塚地武雅さんは、自身の女性不振を乗り越えられれば、結婚もできるでしょう。

女優でも一般人でも結婚する可能性のある塚地武雅さんですが、ドッキリの可能性を考えずに距離を縮められるのは、女優よりも一般人です。

 

女性不振ながら、結婚願望がある塚地武雅さんが、もしも結婚するとしたら、相手は、よく笑うきれいな一般女性であることが考えられます。

 

なぜ結婚できないのかと思われるほど性格が良く人気のある塚地武雅さんですが、それほど女性不振が根付いているでしょう。

そのため、結婚できるかどうかは、相手ができるかどうかよりも、女性不振をいかに振り払うかにかかっています。

 

いじられキャラが浸透している塚地武雅さんは、場の空気をよくするために進んでいじられようとすることで、かえって自虐的な面がでてしまい、余計に女性不振が乗り越えられないのかもしれません。

この点からも、一緒に仕事をする人よりも、仕事とプライベートをはっきりと区別できる一般人の方が塚地武雅さんにはぴったりだと考えられます。

 

女性から食事に誘われたり、距離を縮めたりすることで、ドッキリなのかと疑うとしても、本当にドッキリではないとわかれば、塚地武雅さんも不安がなくなり、恋愛、結婚をすることができるでしょう。

トラウマを乗り越えることは怖いことですが、その先にある塚地武雅さんの結婚、幸せを祈ります。

 




塚地武雅の歴代彼女

 

女性関係の浮いた話が全くない塚地武雅さんですが、過去には彼女がいた経験があるようです。

塚地武雅さんの歴代彼女に注目していきましょう。

 

一般女性と交際していた

 

塚地武雅さんは、大学卒業後、会社員として働いていました。その当時、一般女性と交際していたようです。

 

会社を辞めて、お笑い芸人を目指した塚地武雅さんは、彼女と別れて、上京したようですね。

先の見えない芸能界に、彼女を巻き込みたくないと別れた塚地武雅さんですが、お互いに切ない気持ちがあったでしょう。

 

彼女についてきてほしいと言えない塚地武雅さんの気持ちも、ついてきてほしいと言われなかった彼女の悲しさ、ついていくともやめてほしいとも言わずに塚地武雅さんの意思をただ尊重した彼女の気持ちもわかりますね。

 

お笑い芸人を目指す際に別れた彼女ですが、塚地武雅さんはもともと彼女との結婚も考えていたようです。

このまま会社員として働いて彼女と家庭を築くことも考えたものの、毎日が消化不良な生活に感じられ、お笑い芸人をやりたいという思いで状況を決意した塚地武雅さんは、彼女との別れを選んだのでしょう。

 

そんな彼女から、塚地武雅さんのもとへ手紙が届き、これまで塚地武雅さんのライブを見に行っていたこと、夢を諦めて自分のもとへ帰ってくるのではないかという思い、その反面で、テレビでダウンタウンと共演する塚地武雅さんを見て、もう自分のところへは帰ってこないと感じたことなどが綴られていました。

そして、彼女は別の男性と結婚したようです。

 

もしも、塚地武雅さんが夢半ばで諦めていたら、彼女と結婚していた可能性もあるでしょう。

もしも、ついてきてほしい、ついていくと、一緒に夢を追いかけられたら、なんて考えても、塚地武雅さんは、お笑い芸人としての現在の地位か、彼女か、どちらかしか手に入りませんでした。

 

塚地武雅さんの過去の恋愛の話は感動的で、このまま小説やドラマになりそうですね。

彼女への思いから、塚地武雅さんが結婚できないのではないかとも考えられます。

 

2007年頃に彼女がいた

 

塚地武雅さんと、相方の鈴木拓さんは、2007年頃に塚地武雅さんに彼女がいたきりで、10年以上彼女がいないと語っていました。

ということは、2007年には塚地武雅さんに彼女がいたこととなります。

 

しかし、この彼女については、塚地武雅さんも相方も詳細は語ってはいません

そのため、一般人なのか、女優なのかも定かではないです。

 

塚地武雅さんの女性不振の原因となった、2004年のドッキリ企画の後の話なので、はっきりしない部分が多いのかもしれません。

彼女とは付き合ったけれど、信じ切ることができず、親密な関係にはなれなかったことも考えられます。

 

実際に、40歳でも童○であることを明かした塚地武雅さんにとっては、彼女とも何もなかったということになり、そこまで深堀できるような関係ではなかったのでしょう。

 

吉高由里子との噂

出典:news.mynavi.jp

 

女優として活躍する吉高由里子さん。塚地武雅さんとも共演歴があり、友達として仲が良いようです。

吉高由里子さんは、これまで、野田洋次郎さんや関ジャニ∞の大倉忠義さんなど、多くの彼氏が噂されてきました。

 

そんな吉高由里子さんですが、最近、男性の好みが変化したようです。

細マッチョな俳優におんぶされる際に、ごつごつした背中が嫌だったと語り、仲が良いハリセンボンの近藤春奈さんが男性だったらいいのに、ぷにぷにした男性と付き合いたいと発言していた吉高由里子さん。

なんと、ぽっちゃりしていて、年上の男性が好みだというのです。

 

吉高由里子さんの歴代の彼氏とは違うタイプに感じられますが、好みが変化したのでしょう。

結婚を意識して、男性の好みも変化したのかもしれません。

 

吉高由里子さんと仲が良い、ぽっちゃりした年上の男性といえば、塚地武雅さんです。

そのため、吉高由里子さんと塚地武雅さんが交際し、突然結婚を発表するのではとも噂されているようです。

 

実際は交際している様子もなく、時間が経ったら答えがわかるという状況ですが、塚地武雅さんの女性不振を振り払えるのでしょうか。

この噂通りになったとしたら、予想もしなかった結婚になりますが、塚地武雅さんが女性不振を克服し、幸せになれるならいいことですね。

 




塚地武雅が結婚できないことに不思議がる人は多い

 

塚地武雅さんの結婚に対する世間の反応を見ていきましょう。

 

やはり、なぜ塚地武雅さんが結婚できないのか不思議に思う人が多いです。

明るく性格もよさそうな塚地武雅さんは、年齢のことも考えると、結婚していてもおかしくないでしょう。

 

それでも結婚していないことに対し、不思議に思う声やいつ結婚するのだろうかと思われていますね。

 

 

結婚していないことが不思議ながら、50代に突入し、今更結婚することはないともいわれています。

ここまで結婚できなかったら、この先も結婚はないということでしょう。結婚したら、今更過ぎて衝撃ということですね。

 

 

女性からモテモテの塚地武雅さんは、結婚してほしいといわれています。

多くの女性から結婚してほしい、塚地武雅さんみたいな人と結婚したいといわれてますね。

 

女性からモテることも、なぜ塚地武雅さんが結婚できないのかと不思議に思う要因となっているでしょう。

 

 

塚地武雅さんがモテていることがわかります。

年齢も年齢で結婚していてもおかしくないと思っていたら結婚していなかったことで、より結婚してほしいと考えられているのでしょう。

 

塚地武雅さんが女優と結婚しそうともいわれています。

 

 

女性不振の原因となったドッキリがなかったら、塚地武雅さんは今頃女優と結婚していた可能性もあります。

美女と野獣といいますか、優しそうな塚地武雅さんと、塚地武雅さんが笑わせることで笑顔が輝く女優が並んでいる姿も想像できるでしょう。

 

塚地武雅さんの結婚に対して、なぜ結婚していないのか不思議に思う声や、結婚していないなら自分と結婚してほしい、塚地武雅さんと結婚したいという声が多かったです。

塚地武雅さんは結婚しているわけないと思われることはなく、むしろ、どうして結婚していないのかと不思議がられる人であり、女性不振で結婚できないことがかわいそうに感じるでしょう。

 

 

ここまで、塚地武雅さんの結婚事情について、注目してきました。

結婚していてもおかしくない塚地武雅さんですが、ドッキリによる女性不振から、結婚していないどころか、女性関係の浮いた話もありません

 

自身の恋心を冷やかしにされた塚地武雅さんは、時間がたってもいえない傷となり、女性不振が結婚の邪魔になっています。

明るい性格で、誰とでも仲良くなれる塚地武雅さんは、結婚しているわけないと思われるどころか、なぜ結婚していないのかと不思議に思われているでしょう。

 

それくらい、ドッキリによる女性不振が塚地武雅さんの恋愛・結婚に悪影響を及ぼしています。

ドッキリがなかったら、モテモテの塚地武雅さんは結婚できたかもしれないのに、とても悲しいですね。

 

いつかは結婚したいと結婚願望がある塚地武雅さんですが、結婚できるかは自身の女性不振を乗り越えられるかにかかっているでしょう。

塚地武雅さんが女性不振を乗り越えられるような女性と出会い、結婚できることを願います。

もちろん、結婚しなくても幸せになれますし、塚地武雅さんの幸せを祈りましょう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)