水谷豊の子供は1人娘の趣里で女優として活躍!芸能界入りを反対されるも強い意志で納得させる

Syuri

Pocket

俳優として活躍している水谷豊さんには、一人娘がいます。

その一人娘は、女優として活躍する趣里さんです。趣里さんは、女優として数々の作品に出演していますね。

大活躍の趣里さんですが、かつては芸能界入りを反対されていたようです。

反対を押し切って、水谷豊さんの娘であることの伏せながら活躍することで、趣里さんは認められていますね。

 

水谷豊さんの娘である、趣里さんに注目していきましょう。

 




水谷豊の子供は1人娘の趣里

ソース画像を表示

出典:mdpr.jp

 

水谷豊さんの子供は、一人娘の趣里さんです。趣里さんは、女優として活躍していますね。

 

趣里さんの顔写真を改めてみると、顔が小さく美人ですね。

ほっそりしていて、華奢な印象があります。

華奢な趣里さんですが、意外にも大食いでたくさん食べているようです。ほっそりとした身体なのにこんなに食べられるなんて衝撃でしょう。

 

好き嫌いが分かれる顔立ちですが、顔が小さく美人だと思います。

目が離せない魅力が、趣里さんにはありますね。

 

趣里さんは1990年9月21日生まれのようです。

2022年で32歳になります。

年相応の見た目にも感じますが、違和感も感じられて、不思議な感覚がするでしょう。

 

趣里さんは、芸名かと思いましたが、本名のようです。

水谷豊さんの娘なので、水谷趣里さんということになりますね。

親の名前は隠しても、ここまで活躍できる、趣里さんの実力の高さが感じられるでしょう。

 

趣里さんの母親は、元キャンディーズのメンバーの伊藤蘭さんです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤蘭(@ranito_official)がシェアした投稿

 

伊藤蘭さんは、キャンディーズを卒業後、現在も女優として活躍を続けていますね。

美人な伊藤蘭さんは、華があり、現在も活躍を続けています。

 

水谷豊さんと伊藤蘭さんの娘が、趣里さんということになります。一人娘ということで、大切に育てられてきたことが考えられますね。

趣里さんは、親のことを隠していましたが、実は両親が芸能界で活躍しているサラブレットといえるでしょう。

親に頼らない趣里さんの実力の高さが感じられますが、生まれもった才能があったのかもしれませんね。

 




趣里の女優としての実績・経歴

 

女優として、趣里さんは数々の作品に出演し、実績を残しています。

趣里さんのこれまでの活躍に注目していきましょう。

 

趣里さんの出演作

ソース画像を表示

出典:realsound.jp

 

趣里さんは、2011年放送の『3B組金八先生ファイナル~「最後の贈る言葉」』に出演したことで、女優デビューをしたようです。

当時、名字を伏せ水谷豊さんの娘であることを隠したままオーディションに臨み、役を掴みました。

趣里さんは20歳で中学生役に挑戦しましたが、誰が見ても中学生にしか見えないほどの演技力をみせていましたね。

 

趣里さんは、劇団オーケストラ・マコンドーへの所属、フリーでの経験も経て、現在はトップコートという事務所に所属しています。

 

女優としての活動を本格化させた趣里さんは、様々な作品に出演していますね。

そんな趣里さんの名を世に知らしめたのが、2016年放送の『とと姉ちゃん』への出演だったといわれています。

新人記者という役柄ではありますが、朝ドラに出演したことの影響力なのか、趣里さんの知名度はあがったようですね。

 

趣里さんの演技力が光ったのは、2017年に放送された『リバース』というドラマでしょう。

ここで、趣里さんは、狂気的な妻を演じていました。

 

正常ではない精神状態の妻を、迫真の演技で演じていた趣里さんは、これまでのイメージを覆し、演技は女優としての地位を確立したといえます。

趣里さんが怖すぎて、衝撃をうけた記憶があるかもしれませんね。

 

ドラマだけでなく、2017年には『過ちスクランブル』という映画では主演を演じます。

趣里さんは、主演よりも脇役の印象が強いですが、主演もしっかりとこなしていますね。

 

その後も、『勝手にふるえてろ(2017年)』や『ブラックペアン(2018年)』、『僕としっぽと神楽坂(2018年)』、『モトカレマニア(2019年)』、『私の家政夫ナギサさん(2020年)』、『DCU(2021年)』など、数多くの作品に出演しています。

映画やドラマだけでなく、『ダスキン』などのCMにも出演をしていますね。

 

現在放送中の『石子と羽男』にも出演し、活躍っぷりがわかるでしょう。

静かな役でも狂気的な役でも、どんな役でも演じ分けることができる趣里さんは、たくさんの作品で活躍をしています。

 

映画もドラマも舞台も出演している趣里さんですが、ドラマを中心に出演しているようにも感じられるでしょう。

脇役を演じることが多いですが、たくさんの作品で、「あっ趣里さんが出演している」と思わせるような、存在感を発揮していますね。

演技力が高く、どんな役でも演じることで、趣里さんの評価は高まるばかりでしょう。

 

日本アカデミー賞を受賞

Image

出典:Twitter

 

趣里さんは、数々の作品に出演し、演技力の高さが注目されています。

趣里さんは、2018年に出演した、映画『生きてるだけで、愛。』で、服を脱ぎながら全力疾走する演技をし、初めてのヌードシーンに挑んでいました。

 

趣里さんのヌードシーンに対し、父親である水谷豊さんは、「相談がなかった。一度ヌードになると役柄が狭まる」と、激怒したことが報じられたようです。

父親として、大切な一人娘がヌードになるなんて、ショックで激怒することにも納得でしょう。

役者として、父親として、水谷豊さんが趣里さんを心配していることがわかりますね。

 

しかし、趣里さんは、2019年、この『生きてるだけで、愛。』で、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝きます。

この功績に、水谷豊さんも一安心したようです。

 

父親の干渉に反発したことで、水谷豊さんと趣里さんの間には溝があったようですが、日本アカデミー賞を受賞し、水谷豊さんが一安心したことで、親子関係も良好になりました。

 

趣里さんの演技に対する世間の反応

ソース画像を表示

 

数々の作品に出演し、アカデミー賞も受賞した趣里さんに対する世間の反応に注目しましょう。

 

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

 

趣里さんの演技は、たくさんの人から絶賛されていることがわかります。

演技力が高く、どんな役でもこなす趣里さんは、やはり演技力が評価されていますね。

 

趣里さんに感情移入してしまい、心が奪われてしまう人も続出しています。

趣里さんにしか演じられないといわれるほど、趣里さんの演技力が高すぎることがわかるでしょう。

 

趣里さんは、世間からも評価される高い演技力を武器に、数々の作品に出演する活躍をしていますね。

 




水谷豊に芸能界入りを反対されるも強い意志で納得させる

 

趣里さんが女優デビューした当初、水谷豊さんは趣里さんの芸能界入りに反対していたようです。

 

水谷豊さんが38歳の時に産まれた趣里さんは、まさに宝物だったのでしょう。

宝物のように大切な一人娘には、普通の女の子としての人生を歩んでほしいと願っていたようです。

 

そのため、女優として芸能界入りすることは、猛反対していました。

水谷豊さんは、芸能界での苦労を知っているからこそ、大切な趣里さんには、普通の人生を歩んでほしいと願っていたのでしょう。

 

それでも、女優になりたかった趣里さんは、2011年に、水谷という名字を伏せてオーディションに臨み、女優としての活躍がはじまります。

当時、趣里さんは2世タレントとしての評価ではなく、自身の力で挑戦し、水谷豊さんにも納得してもらおうとしていたのかもしれません。

 

芸能関係者の中では、水谷豊さんの娘であることは知られていた可能性がありますが、視聴者はまさか水谷豊さんの娘とは思ってもいなかったでしょう。

 

趣里さんは持ち前の演技力を武器に、様々な作品に出演し、ついには日本アカデミー賞を受賞しました。

その後もさらに活躍を続け、趣里さんは高い評価を得たことで、水谷豊さんも趣里さんが女優をすることを認めたようです。

 

趣里さんの芸能界入りを反対していた水谷豊さんですが、趣里さんの意志の強さ、実力で、女優としての趣里さんを納得しました。

父親として、俳優の先輩として、水谷豊さんは趣里さんを見守っているのですね。

 

趣里は過去の挫折も「すべていまにつながっている」と語る

ソース画像を表示

出典:ciatr.jp

 

趣里さんは、過去に挫折を経験したものの、すべてがいまにつながっていると語っています。

 

その挫折というのが、幼いころからのバレエの経験です。

趣里さんは、4歳からバレエをはじめ、バレリーナになりたいという夢をかなえるために努力してきたものの、怪我で夢を断念することとなりました。

 

バレエのためにイギリス留学も経験し、趣里さんはバレリーナになるための生活をおくってきたようです。

そんな趣里さんは、大きな挫折を経験したといえるでしょう。

 

人生のすべてだったバレリーナの夢を諦めた経験は、趣里さんにとって、大きな挫折となり、心の奥に封印したい気持ちだったようです。

 

そして、一番つらかった時期に、岩松了さんの舞台をみたことで心が救われた趣里さんは、女優になりたいという新しい夢を見つけ、現在に至ります。

 

挫折を経験し、もがいていた時期があった趣里さんは、女優という仕事は、このもがきに近いと語っていました。

当時の挫折ともがきがあったからこそ、女優としてのもがきにつながっているようです。

 

趣里さんは、人生をかけていた夢を諦めたことで、挫折をしていましたが、この経験があったからこそ、今の趣里さんの感情が爆発した演技につながっているのでしょう。

趣里さんの演技に心が惹かれるのは、趣里さんの心に理由があったといえますね。

 

また、趣里さんは、これまでエンタテインメントに救われた経験があり、女優の仕事をするなかで、エンタテインメントのもつ力を発揮したいという気持ちが、女優としての原動力となっているようです。

挫折した趣里さんを救ったのも、舞台というエンタテインメントでした。

 

趣里さんが挫折を経験しなかったら、エンタテインメントに惹かれることもなく、女優としての趣里さんは誕生していなかったでしょう。

もちろん、バレリーナとしての夢をかなえることはできたでしょうが、見る人の心を掴む魅力はなかったかもしれませんね。

 

さらに、趣里さんは全身を使った、言葉を超えた表現力をもっています。

セリフがあまりない役でも、趣里さんは目線や身体で表現しているでしょう。

この表現力の高さも、バレエを通じて得た技術といえますね。

 

趣里さんが日本アカデミー賞を受賞した作品は、過去の挫折があったからこそ、演じられた役だったようです。

挫折を経験したからこそ、演じたかった役とも語っていました。

 

趣里さんはあの時の挫折が今の自分につながっている、役を通じて、何事もあきらめてはいけないと感じたようです。

すべてがいまにつながっていると語る趣里さんの強さを感じるでしょう。

この経験は、趣里さんの女優としての力、表現力、現在の趣里さんにすべてつながっているといえます。

 

趣里さんの経験から、挫折を経験して何もできなくなったとしても、すべてがいまにつながっていると、あきらめない気持ちの大切さがわかりましたね。

 




趣里の優秀な学歴

 

趣里さんの学歴に注目しましょう。

 

小学校から中学校は私立に

ソース画像を表示

出典:ameblo.jp

 

趣里さんが通っていた小学校に関しては不明ですが、東京都出身の趣里さんは、都内の私立小学校に通っていたと考えられます。

両親が芸能人であるうえに、大切な一人娘として育てられた趣里さんは、私立の学校に通っていた可能性が高いですね。

 

中学校に関しては、桐朋女子中学校に通っていたといわれています。

芸能人の娘が通う、私立の中学校として有名ですし、趣里さんも通っていた可能性が高いでしょう。

 

 

4歳からバレエを習っていた趣里さんは、小学5年生で『くるみ割り人形』の主役に抜擢され、自信をつけたようです。

中学時代もバレエに没頭していました。

 

バレリーナになるためにイギリスの名門校へ

ソース画像を表示

出典:Bing images

 

バレエに夢中だった趣里さんは、バレリーナになるために海外を目指すようになります。

2006年、中学卒業を機に、趣里さんは都内のインターナショナルスクールに通っていたようです。

 

そして、3か月後の2006年9月に、趣里さんはイギリスのArts Educational Schoolsに転入しました。

Arts Educational Schoolsは、イギリスのバレエの学校で、有名なバレリーナを多数輩出した名門校といわれています。

 

 

オーデションの末、名門校への入学が決まり、バレリーナに一直線でしたね。

そこでバレエが中心の生活を送っていた趣里さんですが、2008年にアキレス腱断裂と足首の骨折という大けがを負い、バレリーナを目指せなくなったようです。

 

オーデションの末、イギリスのバレエの名門校に入学し、ここまで追いかけてきた夢の挫折は、趣里さんにとって、計り知れない悲しさがあったでしょう。

 

日本大学を中退、女優を目指す

 

足の怪我でバレリーナを諦めた趣里さんは、日本に帰国し、高卒認定試験に合格します。

挫折をしても、しっかりと次に進もうとする姿勢が、趣里さんの強さですね。

 

そして、趣里さんは2009年に日本大学の芸術学部に進学したようです。

明治大学に進学したという噂もありますが、趣里さんが芸術学部に進学したということから、芸術学部の無い明治大学に進学した可能性はないといわれています。

 

趣里さんは、芸術学部がある大学に進学したことを明かしていたこと、母親である伊藤蘭さんも日本大学芸術学部を卒業していることから、趣里さんも日本大学芸術学部に進学したと考えられますね。

 

 

日本大学に在学中、塩谷俊さんが主宰するアクターズクリニックのレッスンを受けることで、趣里さんは女優に興味をもったようです。

女優に興味をもった趣里さんは、オーデションを受け、2011年のドラマ出演を機に、女優としての活動が始まりました。

 

女優の仕事が忙しくなったことで、趣里さんは2012年に日本大学を中退したようです。

当時、4年生だったため、もったいないと感じますが、女優としての道をまっすぐに進むための決断だったのでしょう。

 

趣里さんは、学生時代から様々な経験を積んできたことがわかります。

これらの経験が、現在の女優としての趣里さんの活躍につながっているのですね。

 




気質は水谷豊似で努力家!でもおっちょこちょいでインドア

ソース画像を表示

出典:mdpr.jp

 

趣里さんは、父親である水谷豊さんに似て、努力家であるようです。

趣里さんの母親である伊藤蘭さんが、「気質は水谷豊さんに似ている、努力家で演技に対する思いが強い」と話しており、親子そろって、努力家であることがいわれています。

 

女優として活躍をしている趣里さんは、デビュー後も演技の練習を重ね、アメリカの演技レッスンにも参加するなど、自身の技術を高め続けているようです。

しっかりと努力ができるからこそ、趣里さんの活躍につながっているのでしょう。

演技に対する情熱と、ストイックな姿勢からも、趣里さんが努力家であることがわかりますね。

 

女優としてかっこいい姿をみせる趣里さんですが、おっちょこちょいな部分があるようです。

宅配ボックスの荷物を取り忘れたり、PASMOをたびたびなくしたりと、趣里さんはおっちょこちょいな部分があるようですね。

かっこいい趣里さんが、こんなにもおっちょこちょいとは、意外で、かわいらしいでしょう。

 

また、趣里さんはかなりのインドア派のようです。

家で一人で過ごすのが好きな趣里さんは、稽古場か仕事の現場に行く以外は、ほとんど自宅で過ごしているようですね。

 

趣里さんは、自宅では、セリフを覚えたり、ネット配信のドラマを見たりして過ごし、トレーニングも自宅で行うようです。

休日もマッサージに行くくらいな趣里さんは、本当にインドアなことがわかりますね。

自分の決めた道をまっすぐに進む趣里さんは、意外にもインドアなことがわかるでしょう。

 

父親譲りの努力家で演技にストイックな趣里さんですが、意外にもおっちょこちょいでインドアであることがわかりました。

女優としての趣里さんと、プライベートの趣里さんとのギャップが、かわいらしくて魅力的ですね。

 

顔は父親・母親どっち似?

ソース画像を表示

出典:Bing images

 

趣里さんは、気質は父親である水谷豊さんに似ていますが、顔は両親のどちらに似ているのでしょう。

 

ソース画像を表示

出典:cinematoday.jp

 

水谷豊さんと伊藤蘭さんは、夫婦仲が良いためか、雰囲気がなんとく似ているがしますね。

趣里さんは、父親にも母親にも雰囲気は似ているように感じられます。

 

ただし、良くみると、水谷豊さんよりも伊藤蘭さんに似ているでしょう。

つぶらな瞳、離れた目元から、趣里さんと伊藤蘭さんが似ているように感じられます。

 

ソース画像を表示

 

伊藤蘭さんの若い頃の写真をみると、より趣里さんに似ているように感じられます。

つぶらな瞳と、離れた目元が、趣里さんと似ているでしょう。

美人な伊藤蘭さんですが、趣里さんは伊藤蘭さんに似て、美人なことがわかりますね。

 

ソース画像を表示

 

水谷豊さんの若い頃の写真をみると、趣里さんには似ていないことがわかります。

離れた目元という特徴は一致しますが、幅のある二重幅は似ていないでしょう。

水谷豊さんは若い頃と現在で、雰囲気が異なっていて衝撃ですね。

 

夫婦で過ごす時間が長くなり、お互いに雰囲気が似たことで、趣里さんに近い雰囲気があることが考えられます。

両親の若い頃の写真を見ることで、趣里さんは、母親に似ていることがわかるでしょう。

 

出典:Twitter

 

趣里さんが母親である伊藤蘭さんに似ているといわれています。

髪型が伊藤蘭さんと同じショートヘアになったことで、より似ているように感じられるのでしょう。

父親に似て努力家の趣里さんは、母親に似て美人ということがわかりますね。

 




可愛くないと言われていたがどんどん綺麗になっている

 

趣里さんは、かつて可愛くないといわれていました。

 

趣里さんが可愛くないと言われてきた理由は、離れた目元と、特徴的な鼻、口が原因のようです。

 

ソース画像を表示

 

目元は、人の印象を左右する大切なパーツであり、つぶらな瞳で目元が離れていることで、かわいくないと感じられるのでしょう。

化粧で目元を強調すると、より印象が強くなり、顔が怖く思われるのかもしれません。

 

趣里さんの鼻は、大きく平らな形をしています。

そこから、趣里さんは、鼻が平らで横顔がきれいではない、と言われているようです。

ただし、趣里さんの鼻はチャームポイントともいわれており、素敵な部分でもあるでしょう。

 

趣里さんは、顔の小ささのわりに口元が大きいです。

顔の小ささから、口元の大きさが強調され、口元が残念だといわれるのでしょう。

 

これらの特徴から、趣里さんの顔は、爬虫類のような顔にもみえます。

そのため、見方によっては、かわいくないと感じるでしょう。

趣里さんは、離れた目元、特徴的な鼻、口元が原因で、あまり可愛くないといわれてきました。

 

そんな趣里さんが、どんどん美人になっているといわれています。

 

 

たしかに、かわいくなっているように感じられます。

爬虫類の雰囲気がびんびんしていたのが、マイルドになり、かわいらしさに磨きがかかっているでしょう。

 

趣里さんが可愛くなったのは、整形によるものだと噂されています。

整形してかわいくなるのも、一つの手段ではありますからね。

 

 

しかし、趣里さんの顔を見比べると、目元の形や鼻、口の形は変化していません

整形が噂されているものの、趣里さんは整形していないことがわかりますね。

 

趣里さんは、化粧や被写体としての経験値、撮影の技術などの向上によって、整形なしでも、かわいくなっているのでしょう。

年齢を重ねるごとに美人になっていくことも大いにありますからね。

 

一つ感じたこととしては、趣里さんは昔と比べると、少々ふっくらとした印象があります。

顔が小さく、華奢であることは変わりませんが、以前はより細くかったでしょう。

スタイルや顔の小ささは維持されていますが、顔が少しふっくらとしたことで、やわらかい印象がうまれ、かわいらしさが上がっていることが考えられます。

 

顔の特徴から、顔が可愛くないといわれてきた趣里さんは、整形によって、どんどんかわいくなっていると噂されていました。

しかし、趣里さんの顔のパーツの変化はなく、趣里さんがかわいらしくなったのは、整形ではありませんでしたね。

それでも、女優として輝く趣里さんは、だんだんとかわいらしくなっていることがわかります。

 




趣里は結婚しているのか?

 

若く見えるため、見た目と年齢が一致しない趣里さんですが、30代に突入し、結婚しているのか気になります。

趣里さんの恋愛について、注目しましょう。

 

独身を貫き、彼氏もいない

 

趣里さんは、現在結婚しておらず、独身を貫いています。

さらに、彼氏もいないようです。

 

趣里さんは、仕事が忙しいとかではなく、1人が楽しいから、結婚願望がないと語っていました。

1人が楽しい時期は誰でもあるでしょう。

1人で過ごしたいから、結婚も恋愛も控えているといえますね。

 

ただし、結婚に興味がないわけではなく、何とかなると思っていると、あまり結婚について悩んでいないことも明かしていたようです。

今は1人が楽しく、結婚のタイミングではない、結婚を焦っているわけではないということがわかるでしょう。

 

また、趣里さんは「相手に依存せず、1人で生きていける強さはもっていたい」と語っていたようです。

相手に依存する生活は、自身の生活を壊し、人生を危うくする可能性がありますからね。

1人が楽しいと感じている趣里さんは、1人でも強くたくましく生きていけるでしょう。

 

趣里さんの理想の男性は、ユーモアがあり話していて楽しい人、自分のことを引っ張ってくれる人のようです。

趣里さんのことをエスコートし、笑顔にしてくれる男性が好みなのでしょう。

もしも趣里さんの理想の男性が現れたら、趣里さんの恋愛、結婚の話が舞い込んでくるかもしれません。

楽しみですね。

 

今は一人が楽しいと感じ、結婚のタイミングではないと語る趣里さんは、現在も独身を貫き、彼氏もいないことがわかりました。

芸能人である以上、恋愛や結婚は世間から注目される部分であり、1人の方が楽だとより感じられるのかもしれませんね。

 

元カレ遍歴

ソース画像を表示

出典:cinemacafe.net

 

趣里さんの元カレを見ていきましょう。

 

趣里さんの元カレ、1人目は俳優の田島優成さんです。

 

ソース画像を表示

出典:daily.co.jp

 

2012年、趣里さんが住むマンションで田島優成さんが目撃され、交際が発覚しました。

なんと、趣里さんと田島優成さんは、同棲をしていたようです。

 

田島優成さんは、趣里さんの母親である伊藤蘭さんと舞台での共演経験があり、その縁で趣里さんと田島優成さんは出会いました。

そして、2012年に舞台『舞姫』で共演したことで、2人は交際へと発展したようです。

 

舞台後に2人で自転車に乗って帰る様子や、相合傘をしながら手をつないで歩く写真が週刊誌に撮られるなど、2人は順調な交際をしていました。

 

趣里さんは両親に田島優成さんを紹介してはいたものの、水谷豊さんは2人の交際を認めてはいなかったようです。

大切な娘に彼氏がいることだけでなく、女優になったばかりの大事な時期の恋愛で、水谷豊さんが反対するのも納得でしょう。

 

趣里さんの1人暮らしは認めたものの、同棲は認めていないと、激怒していた水谷豊さんですが、趣里さんの熱意に負けて、2人の交際を認めざるを得なかったようです。

一方で、伊藤蘭さんは、趣里さんと田島優成さんの恋愛を認めており、3人で食事に行くこともあったようですね。

 

しかし、2014年に、田島優成さんは舞台『効率学のススメ』に出演していましたが、主役の田島優成さんが寝坊したことで、公演が中止になったようです。

田島優成さんは謝罪をし、責任をとって、所属事務所を退所しました。

 

田島優成さんの無責任な行動に激怒した水谷豊さんは、趣里さんを実家に連れ戻し、同棲を解消させたようです。

同棲を解消した2人は、そのまま破局をし、それ以降、交際が報じられることはありませんでした。

 

2人が破局した際、水谷豊さんが関与していたのでしょう。

もともと交際をしぶしぶ認めていた水谷豊さんは、このままでは趣里さんにも悪影響が出ると、ここぞとばかりに責めた可能性があります。

 

父親として、俳優の先輩として、趣里さんを大切に思うがゆえの行動だったのでしょう。

父親が子供の恋愛に関与するのはいかがなものかとも思われますが、それほど趣里さんを大切に思っていたことがわかりますね。

 

田島優成さんと破局後、現在まで趣里さんには彼氏はいません

 

そんな趣里さんですが、2019年、俳優の坂口健太郎さんとの交際が噂されました。

 

ソース画像を表示

 

2人が長時間にわたって食事をしていた姿が撮られていたようです。

2016年の『とと姉ちゃん』や2019年の『イノセンス 冤罪弁護士』で共演した2人は、趣里さんがアカデミー賞などを受賞したことをお祝いしようと、食事に行っていました。

 

交際が噂された2人ですが、この食事では、趣里さんと坂口健太郎さんのほかにも、スタッフや関係者が8名ほどいたため、デートではなかったようです。

坂口健太郎さんが他の女性との熱愛が報じられていたこともあり、趣里さんと坂口健太郎さんの交際は事実ではありませんでした。

交際が噂された2人ですが、単なる共演者という関係でしかなかったということですね。

 

趣里さんの元カレは、田島優成さんだけで、現在、趣里さんには彼氏はいません

田島優成さんとの交際を通じて、女優である趣里さんは、自身の立場もあり、恋愛をすることにおびえているのでしょうか。

 

今は1人が楽しい趣里さんですが、今後、理想の男性に出会い、恋愛や結婚の話が舞い込んでくるか、注目ですね。

 




親子仲は良好!いずれは親子共演もしたいと思っている

ソース画像を表示

出典:excite.co.jp

 

趣里さんが女優になることを反対していた上に、趣里さんの恋愛にも首を突っ込んでいた水谷豊さん。

 

一時期は、親子関係が悪かったと思われる2人ですが、日本アカデミー賞を受賞するなど、趣里さんの活躍を認めたことで、親子関係は良好になっているようです。

水谷豊さんに似て努力家の趣里さんは、意思の強さで女優になることを認めさせ、親子関係も修復させていたのでしょう。

 

水谷豊さんの家族は、誕生日は家族でお祝いし、主役が食べたいものをみんなで食べるようです。

家族の仲が良いことが伝わってきますね。

 

水谷豊さんは、2021年に69歳の誕生日を迎えた際、例年通り伊藤蘭さんと趣里さんの家族3人でお祝いをしたようです。

伊東蘭さんと趣里さんから誕生日プレゼントをもらい、ご機嫌だったのだとか。

まだまだ若々しい水谷豊さんですが、物忘れが多くなり、年齢を感じることもあると明かしていました。

 

水谷豊さんと伊藤蘭さんは、共演を機に結婚に至りましたが、結婚後も夫婦での共演をしたことがあります。

2013年には、映画『少年H』での29年ぶりの夫婦共演は、還暦祝いに伊藤蘭さんに出演を依頼していたようです。

 

夫婦共演だけでなく、水谷豊さんは、古希祝に、趣里さんに共演を依頼したようですね。

大切な娘として、共演を依頼しただけでなく、俳優として趣里さんの演技を認めているため、水谷豊さんは親子共演を提案したようです。

 

娘というフィルターをかけずに、趣里さんをしっかりと1人の女優として評価したうえで、水谷豊さんは趣里さんを認めています

水谷豊さんは、1人の女優として趣里さんを認めたうえで、親子共演をすることが夢だと語っていました。

 

趣里さんの女優としての実力は、水谷豊さんを含めて誰もが認めているものの、趣里さんは親子共演を拒否したようです。

これには、水谷豊さんという偉大な父親を持つ趣里さんの葛藤があるのでしょう。

趣里さんは、親子共演をすることで、水谷豊さんの娘という、2世タレントとしての印象が強くなり、自分の力で挑戦ができなくなることを心配しているようです。

 

趣里さんの女優としての実力の高さは、誰もが認めているものですが、2世というイメージはついてしまうでしょう。

これまで自分の力で成長してきたはずなのに、それが崩れるのではないかと悩むことにも理解ができますね。

 

趣里さんには、自分の力で成功したいという強い意志があるのでしょう。

ここまで、自分の力で女優として成長し、反対していた父親も納得させた趣里さんにとって、親子共演には、大きな葛藤があることが考えられます。

 

趣里さんは、水谷豊さんのことは尊敬しているものの、親子共演はまだ早いと、共演を拒否しているようです。

親子の仲が良く、父親を尊敬している方こそ、共演はまだ早いと感じる趣里さんは、しっかりと実力をつけているのでしょう。

今すぐにでも共演した水谷豊さんと、まだ早いけどいずれは共演したいと語る趣里さんの、親子共演が楽しみですね。

 

ここまで、水谷豊さんの一人娘である趣里さんについて、注目してきました。

女優として活躍している趣里さんが、俳優として活躍する水谷豊さんと元キャンディーズで女優として活躍する伊東蘭さんの娘だなんて、衝撃ですね。

 

趣里さんは、4歳からバレエをはじめ、バレリーナになるためにイギリス留学したものの、足の大けがでバレリーナを諦めるという挫折を経験したようです。

挫折もすべてがいまにつながっていると語る趣里さんは、今までのすべてを、女優としての活躍に活かしていることがわかりました。

2011年に女優デビューした趣里さんは、20歳で中学生役を演じるほどの演技力があり、努力をすることでさらに演技力を高め、誰もが認める女優へと成長しています。

 

当初、趣里さんの芸能界入りを反対していた水谷豊さんですが、日本アカデミー賞を受賞するなど、趣里さんの女優としての活躍から、趣里さんの実力を認めたようです。

そして、水谷豊さんは夫婦共演だけでなく、親子共演もしたいと趣里さんに依頼しましたが、趣里さんはまだ早いと拒否しています。

趣里さんがさらに成長し、水谷豊さんと趣里さんの親子共演が、楽しみですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)