君島十和子の娘は2人で長女・憂樹と次女・幸季!詳細情報を一挙公開

Kimijimatowako

Pocket

元女優として活躍し、現在は美容家として活躍している君島十和子さん

年齢を感じさせない美貌が魅力ですね。

 

君島十和子さんには、娘が2人いるようです。

長女の憂樹さん、次女の幸季さんも、君島十和子さん譲りの美貌が話題になっていますね。

君島十和子さんの娘に注目していきましょう。

 




君島十和子の娘は2人

 

君島十和子さんの娘は、長女の憂樹さん、次女の幸季さんの2人がいます。

 

君島憂樹さんは、宝塚歌劇団で活躍してるうえに、君島幸季さんも美しいと噂になっているようです。

さすがは、美容家として活躍し、年齢を重ねても美しい君島十和子さんの娘でしょう。

 

君島十和子さんの美しさを受け継ぎ、2人の娘も美しいのですね。

君島十和子さんの娘に関して、様々な情報が出ているので、1人ずつ注目していきましょう。

 




長女・君島憂樹

ソース画像を表示

出典:girlschannel.net

 

長女の君島憂樹さんに注目していきましょう。

 

顔写真は度々公開されている

ソース画像を表示

 

君島憂樹さんは、宝塚歌劇団で活躍をしています。

芸能活動を意識していたのか、君島憂樹さんの顔写真は、度々公開されていました。

 

憧れの宝塚音楽学校に合格し、うれし泣きしている様子ですが、君島憂樹さんがかわいらしいことは十分に伝わってくるでしょう。

幼い頃の写真を見ると、父親である君島誉幸さんに似ているように感じます。

君島十和子さん夫婦譲りの美しさでかわいらしいですね。

 

日本女子大学附属高等学校を経て、宝塚音楽学校に進学

ソース画像を表示

出典:daily.co.jp

 

君島憂樹さんは、日本女子大学附属高等学校を経て、宝塚音楽学校に進学したようです。

生まれ育った東京都での高校生活を経て、念願の宝塚音楽学校に合格したのでしょう。

 

 

君島十和子さんは宝塚歌劇団が好きで、娘を宝塚歌劇団に入団させたいと、君島憂樹さんは幼いころから有名なバレエ教室に通っていたようですね。

4歳からバレエ教室に通っているようですが、母親に連れられて宝塚歌劇団の舞台を見るうちに、君島憂樹さん自身も本格的に宝塚歌劇団を夢みるようになっていたようです。

 

君島憂樹さんが通っていたバレエ教室には黒木瞳さんの娘も通っていたと噂されていました。

とても有名なバレエ教室であったことがうかがえますね。

 

幼いころからレッスンを受けてきた君島憂樹さんですが、宝塚音楽学校に入学するのは苦労が多かったようです。

君島憂樹さんは2度目の挑戦を経て、2014年に宝塚音楽学校に入学しました。

この年は宝塚100周年の年で、倍率が26倍にもなる、超難関校である宝塚音楽学校に、念願の入学ができて、家族でうれしさが溢れているでしょう。

 

入学時、君島憂樹さんの演技力はあまり評価されていなかったようです。

それでも、舞台にあがれば、見る人を惹きつける魅力が、君島憂樹さんにはあるといわれていました。

 

宝塚音楽学校での厳しいレッスンを乗り越え、君島憂樹さんは卒業時には優秀賞に輝いていたようですね。

持ち前の人を惹きつける魅力と、絶え間ない努力を続けることで、君島憂樹さんの実力につながっているのでしょう。

 

2016年、宝塚音楽学校102期生として、君島憂樹さんは無事に宝塚音楽学校を卒業しました。

卒業公演では男役の主役を務めるほどの実力をつけています。

持ち前のスタイルと美しさはもちろんですが、幼いころからの努力が君島憂樹さんの魅力につながっていますね。

 

宝塚歌劇団月組に所属し、蘭世惠翔(らんぜ けいと)という芸名で活躍

ソース画像を表示

出典:sponichi.co.jp

 

君島憂樹さんは、1997年4月27日に産まれています。

2022年現在、25歳になりますね。

 

2016年、宝塚音楽学校を卒業後、君島憂樹さんは、宝塚歌劇団月組に所属し、蘭世惠翔(らんぜ けいと)という芸名で活躍しています。

宝塚歌劇団には男役として所属していました。

宝塚音楽学校を卒業する際、男役として主演を務めていた君島憂樹さんは、男役がぴったりでしょう。

 

ソース画像を表示

 

君島憂樹さんは、愛希れいかさんの退団公演で、『エリザベート』の子ルドルフ役に抜擢されるなど、活躍をしていますね。

 

ソース画像を表示

出典:hankyu.co.jp

 

しかし、2019年に男役から女役へと転身しました。

君島憂樹さんの演技力の高さがあるからこそ、女役への転身ができたようです。

身長が170センチの君島憂樹さんは、女性としてはすらっとしていますが、男役としては低身長だったのでしょう。

 

身長のために女役に転身しましたが、演技力の高さでどちらでもぴったりですね。

 

芸名の由来

ソース画像を表示

 

君島憂樹さんの芸名は、蘭世惠翔(らんぜ けいと)といいます。

君島十和子さんは、占い師をしているイヴルルド遙華さんの助言を受けて、君島憂樹さんの芸名を決めたと語っていたようです。

イヴルルド遙華さんによると、画数の良い名前にすることで、恩恵をうけ、物事がうまくいく。ただし、画数が良いだけでなく、愛着のある漢字にすることが大切だといわれています。

 

このアドバイスを受け、蘭世惠翔という芸名は、君島憂樹さんの恩師の文字を入れるなど、家族でしっかりと話し合って決められたようです。

蘭世惠翔という芸名には、君島憂樹さんの希望や夢だけでなく、家族の思いも込められているのでしょう。

素敵な芸名をもった君島憂樹さんは、活躍をつづけていますね。

 

芸名は蘭世惠翔(らんぜ けいと)ではあるものの、君島憂樹さんの相性は本名である、ゆうきでしたしまれているようです。

 

特技はバレエで趣味は舞台鑑賞。結婚や熱愛は報じられていない

ソース画像を表示

 

君島憂樹さんの特技や趣味に関しての詳細は不明だったので、推測していきましょう。

 

幼いころからバレエ教室に通っていた君島憂樹さんは、バレエが特技であることが考えられます。

スタイルも良くしなやかな動きをしている君島憂樹さんは、幼いころからのバレエの経験がいきていますね。

 

美しい見た目の華やかさだけでなく、動きの美しさも相まって、見る人の視線をはなさないでしょう。

とても素敵ですね。

 

趣味に関しては、君島十和子さんと幼いころから宝塚歌劇団の舞台を見に行っていたことから、舞台鑑賞が趣味ではないでしょうか。

君島十和子さんが宝塚歌劇団が好きだったということもありますが、母親と宝塚歌劇団をみてきたことで、君島憂樹さんは幼いころからバレエ教室に通い、宝塚歌劇団を本格的に目指すこととなったようです。

舞台をたくさん見て、憧れの宝塚歌劇団で活躍している君島憂樹さんの努力の結晶ですね。

 

君島憂樹さんは結婚していません。

結婚、熱愛に関して報じられることもなく、もともと男役を演じていたからか、男性の影もないでしょう。

宝塚歌劇団で男役を演じてきた女性は、普通の男性よりもかっこいいせいか、結婚している人は少ない印象があります。

そのため、君島憂樹さんもかっこよさから、男性との距離があるのかもしれません。

 

しかし、女役に転身したことで、美しさが際立つ君島憂樹さんは、男性からもモテることが考えられます。

実際、こんなにも美しい君島憂樹さんを、男性が見逃すわけないでしょう。

現在、結婚、彼氏の話がない君島憂樹さんですが、いずれ結婚のニュースがはいってくることに期待ですね。

 

君島十和子さんの長女、君島憂樹さんは、幼いころからバレエ教室に通い、宝塚音楽学校を卒業後、宝塚歌劇団で活躍をしていることがわかりました。

スタイルが良く、美しい君島憂樹さんは、家族の思いも込められた芸名で、華のある活躍をしていますね。

 




次女・君島幸季

サイドバーでクエリ検索

出典:ameblo.jp

 

次女の君島幸季さんに注目していきましょう。

 

『25ans』にて君島幸季の写真が公開

出典:Instagram

 

長女の君島憂樹さんに対し、次女の君島幸季さんは、芸能活動も行っておらず、顔写真も公開されてきませんでした

 

しかし、2022年に発売された『25ans』3月号にて、成人を迎えた君島幸季さんの写真が公開されていました。

初めての親子での撮影を、君島十和子さんも幸季さんも楽しんでいたようですね。

 

かわいらしくて美人であることがわかります。

清楚な雰囲気がして、女性らしさが際立っているでしょう。

着物がとても似合っていますね。

 

『徹子の部屋』に出演した際、君島憂樹さんは夫に、君島幸季さんは君島十和子さんに似ていると語っていたようです。

君島十和子さんに似て、君島幸季さんもとても美しいことがわかりますね。

 

現在は大学生

 

2022年に成人式を迎えた君島幸季さんは、2001年生まれであることがわかります。

君島十和子さんの投稿から、君島幸季さんは、2001年10月2日生まれといえますね。

 

2022年で21歳になる君島幸季さんは、現在、大学生です。

親子で雑誌に登場した際、大学生と紹介されていたうえに、昨今の情勢のなかで、入学式が中止になったことを君島十和子さんが嘆いていたといわれています。

 

大学の詳細は不明ではあるものの、日本女子大学に通っているのではないかと推測できるでしょう。

 

 

この推測に至ったのは、君島幸季さんの学歴が関わっています。

君島幸季さんは、日本女子大学附属豊明小学校に通っていたことが明らかになっているようです。

 

 

日本女子大学附属豊明小学校に通っていたことから、小中高大とエスカレーター式で進学をしたことが考えられます。

 

 

姉である君島憂樹さんも日本大学附属高等学校を卒業していることから、君島幸季さんも同じ学校に通っていたといえるでしょう。

 

また、日本女子大学附属高等学校では、顔写真の公開を含めた芸能活動が禁止されていることで、君島幸季さんの顔写真は公開されてこなかったといえます。

成人を言う節目に、親子で撮影をした君島幸季さんですが、芸能人一家であるにもかかわらず、触れられなかったのは、学校も関係していたかもしれませんね。

 

高校卒業後、君島憂樹さんは宝塚音楽学校に入学し、君島幸季さんは大学に進学しています。

 

私立の学校に通う場合、エスカレーター式で進学する場合が多いでしょう。

そのため、君島幸季さんは、日本女子大学附属高等学校を卒業後、日本女子大学に進学していることが考えられますね。

 

特技・趣味は不明。結婚はしていない

サイドバーでクエリ検索

出典:ameblo.jp

 

君島幸季さんの特技や趣味に関する詳細は不明だったため、推測していきましょう。

 

君島十和子さんは、君島幸季さんに幼いころから和文化に触れさせてきたようです。

長女とは宝塚歌劇団、次女とは和文化と、君島十和子さんの多彩さが感じられるでしょう。

君島憂樹さんが4歳でバレエ教室に通い始めたころに、君島幸季さんは産まれていることから、君島十和子さんは、宝塚歌劇団の夢を長女に、次女には自分らしい仕事を探す手助けをしているのかもしれません。

 

和文化に触れてきた君島幸季さんは、和文化に関する特技や趣味があることが考えられます。

具体的な習い事は不明でしたが、和文化に触れてきた君島幸季さんは着物がとても似合っていましたね。

 

成人式の際は、白地の着物をリクエストし、君島十和子さんと2年ほどかけて理想の着物を探したようです。

和文化に触れてきたからこその着物へのこだわりだったのでしょうか。

こだわりが強い性格なことがわかりますね。

 

現在、君島幸季さんは大学生であり、結婚の話は出ていません

結婚していたら、君島十和子さんの娘が学生結婚と話題になりそうですね。

話題になっていないことから独身でしょう。

 

しかし、美人でかわいらしい君島幸季さんは、モテることが考えられます。

女子大学に通っていることから、出会いの場が限られ、現在は彼氏がいない可能性もありますが、いつ彼氏ができてもおかしくないですね。

 

成人という節目に母親と雑誌に登場した君島幸季さん。

今後、もしかしたら、本格的に芸能界での活動をするかもしれません。

君島十和子さん譲りの美しさを持つ、君島幸季さんの今後の活躍にも注目ですね。

 




親子仲はどうなのか

 

2人の娘に関して、紹介してきました。

君島十和子さんの親子仲に注目していきましょう。

 

まずは夫婦仲を見ていく

 

君島十和子さんは、1995年に君島誉幸さんと結婚しています。

結婚後、君島誉幸さんに婚外子がいることが発覚するなど、騒動の絶えない結婚でしたが、現在、夫婦仲は良好で充実した生活をしてるでしょう。

 

 

君島十和子さんは、君島誉幸さんと様々な場所に行ってることがわかります。

2人の娘が成長し、手がかからなくなったことで、夫婦の時間が多くなっているのでしょう。

結婚から20年以上が経っていますが、夫婦でのツーショットも多く、仲が良いことがわかります。

 

 

また、美容家として活躍する君島十和子さんと、皮膚科医をしている君島誉幸さんは、仕事上の相性もいいことが考えられます。

2人で協力すれば、美しさを引き出すためのアドバイスを、美容の視点、医療の視点からみることができ、お互いに役立つことばかりでしょう。

 

婚外子などの心配な部分もありましたが、夫婦仲が良く、2人は現在でも仲良しなことが伝わってきます。

夫婦仲がいいからこそ、親子の仲も良いことが考えられますね。

 

君島憂樹との関係

ソース画像を表示

出典:daily.co.jp

 

君島十和子さんは、君島憂樹さんの宝塚音楽学校の卒業式に夫婦で参加していました。

君島憂樹さんの晴れ姿を、親として見守っていますね。

 

君島憂樹さんが幼いころから、宝塚歌劇団に所属したいと思うきっかけをつくり、夢を支えてきました。

娘を宝塚歌劇団にいれたいと思っていたようですが、いつしか君島憂樹さん自身の夢となり、それが実現できて本当にうれしいのでしょう。

 

出典:Twitter

 

君島憂樹さんが所属する宝塚歌劇団月組の公演に、君島十和子さんは夫婦で訪れていたようです。

君島憂樹さんの活躍をみたうえで、家族水入らずの時間を過ごしたのでしょう。

君島十和子さんが、君島憂樹さんの姿を見守って、支えていることがわかります。

 

また、君島憂樹さんが宝塚音楽学校に入学してから、都内に住む君島十和子さんと初めて離れた生活を送るようになりました。

そんななかで、君島十和子さんは、長女の誕生日に関する投稿をしていました。

 

昨日の夜中12時3分に

「いつもありがとうーーーーっ😆」
というLINEが入ってました。
「同期とご飯を食べに行ってね、いっぱいいっぱい爆笑してスッゴく楽しかったぁ!!」
と、忙しい中にも充実した日々が
短い言葉で送られてくる最近。
周りの方に恵まれて本当に
有り難いと思います。
彼女の人生の時間が着実に積み重なってると思います。
離れて暮らすようなって3年
一緒にいないからこそ
私の思いばかりが重なって
きっと、たまに「重たいなぁ
と、思う事もあるんだろうな。
つい、
「いつも一緒にいないので
言える時に言わなきゃ!」とか
「親だからこそ言っとかないと…」とか
思い過ぎちゃって。
出典:ameblo.jp

 

君島憂樹さんが、離れていても連絡をくれること、君島十和子さんが母親として心配しすぎてしまうことがうかがえるでしょう。

遠くにいる娘を心配する母親の気持ちが伝わってきました。

心配事も多いようですが、仲が良いからこそ、心配してしまうのでしょう。

 

君島十和子さんからの連絡に、しっかりと反応をしている様子から、仲の良さが感じられます。

宝塚歌劇団に所属し、夢をかなえた君島憂樹さんですが、親元を離れたからこそ、親子関係の大切さを感じているのかもしれません。

離れていても、お互いを思いあう、親子の仲が良いことがわかりますね。

 

君島幸季との関係

サイドバーでクエリ検索

出典:ameblo.jp

 

君島幸季さんと君島十和子さんは、親子での撮影をしたこともあります。

君島十和子さんは、君島幸季さんの成人式に関する話もしていました。

 

君島幸季さんは、幼いころから和文化に触れてきたようです。

美しい白地の着物は、2年ほどかけて決められたもので、親子のこだわりが詰まっていることがわかるでしょう。

子供のために奮闘する君島十和子さんの姿から、親子の仲の良さが感じられますね。

 

サイドバーでクエリ検索

出典:ameblo.jp

 

また、君島幸季さんの成人式当日の化粧は、君島十和子さんがしていたようです。

成人式という大切な日に、君島幸季さんの魅力を際立たせる化粧ができるのは、君島十和子さんでしょう。

美容家として活躍する君島十和子さんの腕もありますが、化粧の中に、親子のリンクを交えていたようで、親子の仲の良さも感じられますね。

 

 

この写真が撮られた際、ライトがない場所での撮影で、君島幸季さんが携帯のライトで照らしていたようです。

母親の撮影を手伝う姿から、親子の仲が良いことがわかりますね。

 

また、君島十和子さん親子の目撃情報もあります。

 

出典:Twitter

出典:Twitter

 

君島十和子さんが娘ととしまえんに行っていた様子や、親子でモノノフだともいわれていますね。

仲が良い様子が見られる君島十和子さん親子ですが、目撃されていることも合わせると、親子仲がとてもいいことがわかりました。

 

親子そろって美しい君島十和子さんと娘ですが、親子仲も良好な仲良し家族であることがわかりますね。

 

ここまで、君島十和子さんの娘に注目してきました。

君島十和子さんには、1997年に産まれた長女と、2001年に産まれた次女の2人の娘がいます。

 

長女の君島憂樹さんは、宝塚歌劇団に所属し、蘭世惠翔という芸名で活躍しているようです。

幼いころからバレエ教室に通い、親子の夢である宝塚歌劇団で活躍していて、素晴らしいですね。

 

次女の君島幸季さんは、大学生ですが、君島十和子さんと親子で雑誌に登場していました。

自分らしさが発揮できる仕事を見つけようとしているようですが、芸能界で活動するのか、注目ですね。

 

君島十和子さん親子は、離れていても、近くにいても、家族で仲が良いことがわかりました。

親子そろって美しい君島十和子さん親子は、親子の仲も良く、家族で支え合っていますね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)